• Woman Work Style

    The long-awaited new product from the popular gift brand 366 is now available! Relax with "BIRTHDAY ESSENCE MIST" that you can choose from 366 days of scent

    When you are reluctant to go out or during the pollen season and you tend to feel depressed, your favorite…

    Read More »
  • IT Lifehack

    IT life hack

    Origin Toshu Co., Ltd., which develops "Kitchen Origin" and "Origin Bento", which specializes in bento and prepared foods, has sold…

    Read More »
  • Headline

    キリンHD、新卒採用エントリー動画選考でAI活用の実証実験 22年卒採用

     キリンホールディングスは5日、2022年卒の新卒採用において「エントリー動画選考でのAI活用の実証実験」を実施すると発表。Web面接サービス「harutaka」を手掛ける、HR TechスタートアップのZENKIGENと共同で行う。 【こちらも】面接者の笑顔をAIで測定 測定データを採用基準にする保育園が登場  今回は実証実験の位置づけであり、AIの解析結果は採用合否に利用しない。AI活用による選考業務プロセスの見直しで、採用評価の精度向上と共に、エントリー選考にかける時間の約3割減を見込む。創出できた時間で、1人あたりの選考時間を増やしたり、双方向コミュニケーション機会の創出・選考機会の拡大を目指すという。 ■実証実験の概要  ZENKIGENが提供する動画解析AI「harutakaエントリーファインダー」を活用。キリンホールディングスの2022年卒新卒採用応募者が提出するエントリー動画で検証を行う。対象は、検証実験を事前に許諾した応募者のみとする。  AI解析は、エントリー動画で応募者の表情や声などの印象を定量化。バイアスがかかりやすく、エントリーシート・適性検査など書類選考だけでは見えづらい印象を定量化することで、採用評価の精度向上と業務効率化を狙う。  キリンホールディングスは、本実証実験を長期経営構想で掲げる「イノベーションを実現する組織能力」、その中の「価値創造を加速するICT」の1つと位置づけ、今後も取り組みを加速させていくという。 ■harutakaエントリーファインダーとは  harutakaエントリーファインダーは、ZENKIGENが独自開発した自己PR動画解析AIで、2021年2月から提供を開始。すでにUSEN-NEXT HOLDINGSが導入を決めており、2021年度新卒採用からの実施が予定されている。  AIの動画解析結果は、複数の評価指標で算出。算出値はレーダーチャートで表示され、人物の全体像やバランスを視覚的に表す。企業側は、ダッシュボード上で各社の採用基準に応じたデータ分析などが可能。面接官によりブレの出やすい印象の定量化で、評価精度の向上を目指す。加えて、従来の書類選考の能力値(ESや適性検査)では不合格となる層の中で、熱意が高くカルチャーがマッチしそうな人を引き上げることも想定効果としている。  ZENKIGENは2017年創業のスタートアップ。Web面接サービスのharutakaをメイン事業とし、東京大学と共同で、共感度を科学計測し隠れた能力を伸ばす技術の研究も行っている。2020年3月にはパーソルキャリアなどから8億円を資金調達している。  昨年からの環境変化の下、harutakaは伊藤忠商事やあいおいニッセイ同和損保など大企業が続々採用。本実証実験のharutakaエントリーファインダーは、既存サービスの新機能として提供される。ZENKIGENは、AI解析はあくまで人の補完と考え、人とAIが調和する採用DXを目指していくという。(記事:三部朗・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • Andorid

    Is Motorola & Lenovo's latest foldable device, the aim is to purchase at Softbank?

    Motorola Mobility Japan will hold a press release online on March 4th. Announced the handling of "motorola razr 5G" of…

    Read More »
  • Headline

    1月外食市場、12カ月連続のマイナスに 6カ月ぶりに2000億円割れ リクルート調査

     リクルートライフスタイルの調査によると、新型コロナウイルス感染被害の拡大に伴う緊急事態宣言により、外食市場規模が大きくマイナスとなったことが分かった。 【前月は】12月の外食市場規模、11カ月連続でマイナス 飲酒業態では前年比6割減 リクルート調査 ■12カ月連続でマイナス  4日、リクルートライフスタイルが2021年1月の外食市場調査を発表した。1月の外食市場規模は前年同月比1,794億円減の1,472億円となり、12カ月連続マイナスとなっただけでなく減少額は2020年12月の1,790億円を上回った。また外食市場規模が2,000億円を下回ったのは、20年7月(1,966億円)以来6カ月ぶり。  外食実施率は同28.4ポイント減の46.9%。50%を下回ったのは20年5月(31.4%)以来。外食頻度は同0.57回減の3.37回。外食単価は同391円減の2,288円。3カ月連続で3つの数値ともにマイナスとなっている。 ■首都圏は1,000億円を下回る  圏域別の市場規模は首都圏が前年同月比1,085億円減の843億円となり、14カ月連続でマイナス。首都圏の市場規模が1,000億円を下回ったのは20年5月(825億円)以来。関西圏が同492億円減の442億円となり、12カ月連続でマイナス。東海圏が同217億円減の186億円となり、11カ月連続でマイナスだった。  男女別や年齢層でみると、外食実施率は男女ともに全ての年齢層でマイナス。外食単価は20代男性(単価:2,245円、前年同月比:33円増)のみ前年同月比プラスだったが、他の層では全て100円以上のマイナスとなっている。 ■全ての業態でマイナスに  業態別の市場規模は全てマイナス。マイナス幅の大きい業態では、和食料理店(1月の市場規模:247億円、前年同月比:305億円減、以下同じ)、中華料理店(93億円、110億円減)、フレンチ・イタリア料理店(97億円、120億円減)、居酒屋(185億円、504億円減)など。  比較的マイナス幅の小さい業態では、ファミリーレストラン、回転すし等(147億円、86億円減)、ラーメン、そば、うどん、パスタ、ピザ等の専業店(98億円、37億円減)、ファーストフード(15億円、8億円減)などがある。  主体業態別では、食事主体業態や軽食主体業態の合計が前年同月比4~5割減で留まったのに対して、飲酒主体業態の合計は約7~8割減と大きな影響を受けている。(記事:県田勢・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • Digital Camera

    Leica, "Apo Summicron M f2 / 35mm ASPH."

    Leica Camera announced a new interchangeable lens product "Apo Summicron M f2 / 35mm ASPH." For M-System. Scheduled to go…

    Read More »
  • Investment

    Three reasons why rich people can't be happy

    People want to make more money because they want to live a happy life. Everyone wants to be a wealthy…

    Read More »
  • Headline

    ホンダ、世界初の「自動運転レベル3」搭載したレジェンド発売

     ホンダは5日、「Honda SENSING Elite(ホンダセンシングエリート)」を搭載した自動運転レベル3の新型レジェンドを発売した。高速道路などで自動車が自ら運転する技術を搭載しているため、自動運転作動中はモニターで動画を楽しむことも可能だ。 【こちらも】ホンダ、新型「ヴェゼル」を世界初公開 生活の楽しさ増幅させる「AMP UP」がコンセプト  自動運転のクルマが、ついに現実となる日が来た。ホンダは2020年11月に国土交通省から自動運転レベル3に関する型式指定を取得していたため、近い将来発売されるとみられていたが、ついにその時が来たわけだ。  今までのレベル2の自動運転と根本的に違うことが、「トラフィックジャムパイロット」と呼ばれる、自動車が人間に変わり運転操作するシステムが搭載されていることだ。  この機能は、高速道路などでハンズオフ機能付車線内運転支援機能を使い、走行中に渋滞に遭遇すると、一定の条件下でアクセル、ブレーキ、ハンドルの操作をドライバーに変わりクルマが行うという機能だ。  この機能が働いている時は、ドライバーは視線を外して映画鑑賞も出来てしまう。これは、渋滞時の疲れやストレスを大きく軽減できる素晴らしいツールといってよいだろう。  トラフィックジャムパイロット・ハンズオフ機能の終了時には、警告音とシートベルトの振動でドライバーに伝え、自動運転終了を促す。それでもドライバーが操作要求に応じない時には、ホーンとハザードランプを点灯させながら周囲に注意喚起し、クルマは自ら車線左に寄せて減速、そして停止する。  自動運転レベル3は、欧州のアウディも技術開発しているが、国の認可を得て発売に至ったのはホンダレジェンドが世界初となる。  発売はリースのみで価格は1100万円とかなり高価だが、台数は100台限定生産の予定となる。また契約には、留意事項に同意する必要もある。  この留意事項だが、自動運転レベル3とはどんな機能かや、やってはならないことや注意すべきことなどが記載されている。動画として公式HPにも用意されているが、それをみるだけでも新型レジェンドがどんなクルマなのかよくわかり楽しいことは間違いない。(記事:小泉嘉史・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • Digital Camera

    Bekunosu updates 360-degree camera app "IQUISPIN" to improve readability and production

    Bekunosu, known for its pen-type 360-degree camera, has updated the viewing and processing app "IQUISPIN" for 360-degree cameras. In addition…

    Read More »
  • Investment

    5 shopping ideas that "rich people" can get

    I think that many people who want to be rich are cutting their expenses as much as possible. However, technology,…

    Read More »
Back to top button