• Video News

    Work-Life Bliss in Itoshima – Journeys in Japan – video

    [Skip Intro] 1:27 Watch more full episodes of Journeys in Japan on NHK WORLD-JAPAN! source

    Read More »
  • Investment

    4 Reasons Rich People Never Buy Lottery

    The high-income acquaintances around me in their early 30s and mid-40s don't buy lottery tickets at all. I'm not interested…

    Read More »
  • IT Lifehack

    IT life hack

    Cover Co., Ltd. will collaborate with Meiri Shurui Co., Ltd.'s plum wine "Hyakunen Umeshu".

    Read More »
  • Headline

    5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (45)

     今日は、【イノベーション特講(4)】です。前回は、「イノベーションを生み出す工程」を話しました。今回は、「プロトタイピング」についてです。プロトタイプ(試作品)を早期に製作し、ポテンシャルユーザーにプロダクトとして使用してもらいます。その後のフィードバックから機能や操作性といった様々な観点から「設計」を検証し、修正をかけていきます。この手法を「プロトタイピング」と言います。 【前回は】5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (44)  「プロトタイプの作り方」は、下記の「2つの目的」を基準にしてください。ユーザーとストーリー、この2つの要素を押さえながら試作品を制作していきます。 (目的1)ユーザー:問題を抱えている人たちからリアルな意見を引き出す。  不満や問題点に解決を求めている対象者に向けてプロトタイプを作ります。そして、アーリーアダプター(新しいサービスや商品を比較的早期の段階で使う人)を含めた対象者からリアルな使用感と助言をもらい、その後、修正をしていきます。アーリーアダプターは「冷静に価値を見抜く眼力を持ち、論理的に“使わない意思表示”をしてくれる人」で、プロトタイピングには欠かせない層です。(※以下、プロトタイプを「プロダクト(製品)」と言い換えて説明します)  使用者に先入観を持たせないようにするため、プロダクト(製品)の詳細説明は一切しません。事前に説明することでプロダクトへの評価が甘くなるからです。ただプロダクトを使用者に渡すだけにします。それゆえに、プロダクトは使用方法をすぐに理解でき、「機能が間違いなく作動する」レベルに仕上げておかねばなりません。 (目的2)ストーリー:どんな場面で、どのように使われ、どんな成果を生むのか。  プロダクトがどのようなシーンで使われ、どのような成果を出すのかを確かめるために、その「使われ方」と「効果」を想定しながら作ります。この一連の流れを「ストーリー」として想像しながら作るのです。たとえば、使用者によっては使用場所を大胆に変更したり、使い方をアレンジする人もいるかもしれません。そういったケースに対応できる汎用性をプロダクトに持たせるか否か、判断しながら作っていきます。 ■(47)本音の否定の中に眠る「発明の欠片」を見つけ、レバレッジで完成品に導く  以前、K原アートディレクターと製作した「ひきこもり脱出ドアプレート」では、完成度5割程度のモックアップを作りました。それは、ひきこもり当事者とその家族のコミュニケーションを復活させるツールでした。  この場合、都内のNPO団体と保健所、病院の精神科など25カ所以上の関連機関にプロダクトを配布し、来訪するご家族に使用していただくよう協力を仰ぎました。不登校児から長期ひきこもりのお子様を持つご家族へと幅広くお渡ししました。  そして、プロダクトの使用後は、「使用者からのフィードバック」を回収し、下記の点をチェックします。 (1)実際の現場での使われ方と購入意向  制作者の狙い通りに使ってもらえたか? 使用者は使いたいと思ったか? 買いたいと思ったか? 「使いたい」層の中でも「お金を払ってでも使いたい」層が存在しなければ、その製品の価値は低く、まず売れません。そして、「使いたくない」層にとってはどの点が問題なのか? 使用者の反応・本音をすべて吸い上げて、アイデアの修正に反映させていきます。 (2)使用者の意見やアレンジから新しい価値が見出されたか?  使用者の機転・発想で何か新しい使い方が生まれたり、新しい価値が見出されたか? イノベーションの度合いが高い製品ほど使用者の反応は否定的です。しかし、使用者の苦情や意見といった反応の中に起死回生のヒントが隠されています。無根拠な自信で突っぱねるのではなく、苦情や意見を正しい解釈として受け止め、レバレッジをかけることができれば、アイデアを完成品へと導くことができるのです。 Source link

    Read More »
  • Investment

    Why you can't get rich with "hardship is a virtue"

    Have you ever heard a sermon saying, "The world is tough" and "So be patient"? However, only those who say…

    Read More »
  • IT Lifehack

    IT life hack

    Kawasaki Heavy Industries, Ltd. is releasing the latest corporate brand movie "Hydrogen Society" with the theme of the corporate message…

    Read More »
  • Headline

    今後の株価の動きを握るジャネット・イエレンと仮想通貨の高騰 後編

     そんなイエレン氏が異例の短い任期となり、ジェローム・パウエル現FRB議長に交代したのは、トランプ大統領が自分自身の人事として任命したかったという理由や、パウエル氏がより金融引き締めに慎重であるという理由からで、その手腕に問題があったわけではない。 【前回は】今後の株価の動きを握るジャネット・イエレンと仮想通貨の高騰 前編  金融緩和に対してハト派でありながらも、出口戦略が成功したイエレン氏が財務長官に就任するのであれば、バイデン氏の大規模財政政策の後押しとなるだけではなく、その出口戦略も慎重、かつ市場との対話もできると予想されるため、その意義は大きいといえよう。  そして、イエレン氏が財務長官となった場合に、意外にも恩恵を受けると思われるのが仮想通貨だ。イエレン氏は金融システムに関する知識も豊富で、「技術革新を阻害すべきではない」「ブロックチェーンは金融市場にとって極めて重要」など、仮想通貨市場に一定の理解を示しており、仮想通貨への規制強化には消極的と予想される。  ビットコインはコロナウイルスの影響を受けて、2020年3月には、1ビットコイン500,000円まで暴落したが、その後、世界の株式市場と同様に右肩上がりに値を上げ、8月には1ビットコイン1,000,000円の大台を超えた。9月からは暴騰し、その後たったの2カ月で2,000,000円の大台に乗せている。  その後の11月25日には、トランプ政権が暗号資産を取り締まる可能性があるとの観測から、300,000円ほど暴落、1ビットコイン1,700,000円となったが、政権交代やイエレン氏の指名が控えているとなれば、あくまでも一旦の調整と捉えてよいではなかろうか。  期待が高まるジャネット・イエレン氏の財務長官就任ではあるが、1つだけ懸念点がある。それは、2019年8月5日に寄稿されたウォール・ストリート・ジャーナルの内容だ。この寄稿には、FRBの歴代議長が名を連ねているが、内容としては「FRBは政治的な圧力にさらされないような、中立的な立場を維持すべき」というものであった。  当時、金融引き締めとしての利上げを、慎重ながらも行い続けるパウエル現FRB議長と、金融緩和を望むトランプ大統領との関係は悪化しており、その状況からトランプ大統領を暗に反論した寄稿ではあるのだが、財務長官になれば政治の中枢に入ることになる。  FRBとの関係は良好ではあるものの、政治と経済問題の狭間で、果たしてこれまでのような立ち回りができるのであろうか。財務長官となった際には、その手腕に注目していきたい。(記事:小林弘卓・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • Digital Camera

    Nikon to release mirrorless interchangeable-lens camera "Z 7 II" –December 11th sales start

    Nikon announced that it will release the mirrorless camera "Z 7 II", which was scheduled to be released in December,…

    Read More »
  • IT Lifehack

    IT life hack

    Eidori Co., Ltd., which operates "Preroll", has extended the cake reservation period due to the popularity of the Christmas-only design…

    Read More »
  • Headline

    マツダ直6エンジン開発 プレミアムブランドに必須? コストダウン・クラッシュ対策

     マツダが、粛々と直列6気筒エンジンを開発しているようだ。ロータリーエンジンに可能性が大きく見出せないのであろうか?マツダが企業戦略として打ち出していた「プレミアムブランド」を目指してきたことで、直列6気筒エンジン、FR配置、ロングノーズショートデッキスタイルは「必須」となっているのだろうか?直6エンジンには技術的メリットが多数数えられるのだが、一方でデメリットもあり、単に現在までのプレミアムブランドが持っているスタイルとして直列6気筒エンジンが必須なのであろうか? 【こちらも】マツダ・直6エンジンFR、Dセグメントは(1) 新CX-5か? 新マツダ6(アテンザ)か?  直列6気筒エンジンのメリットでは、バランスが良く振動を少なく出来ることが第1だ。部品精度・エンジンマウント・プラットフォームなど、エンジンの振動の問題には多くの技術が絡んでくる。他には、V6エンジンなどと比較すると、ヘッドが1つに出来て部品点数が少なくなり、コストが減ることがある。触媒なども排気系の数が1つとなりコストダウンとなる要素だ。  直6エンジンのデメリットで最大の問題点は、エンジン全長が長くなることで起きる問題点であろうか。そのため、クラッシャブルゾーンが取りにくいことがある。また、FFのレイアウトは取れずFRとなり、ドライブシャフト、デフなどで直角に駆動方向を曲げねばならず、ハイポイドギヤを使うこととなり駆動力ロスを起こすことだ。  つまり、エンジン馬力が少し駆動系でロスしてしまうことだ。クラッシャブルゾーンが取りにくい件では、全面からクラッシュした時、エンジンに続くミッションなどが居住スペースに飛び出すのを防ぐため、下に落とし込む設計がかなり前から確立している。  その他、ステアリング機構を設計するにあたり、FFではドライブシャフトが前輪にあるため舵角に制限がでるが、FRであると角度を大きく取れるメリットがある。ホンダeは、シティカーとして舵角の制限を嫌って、EVでモータードライブでありながらRR配置とし、前輪をフリーにして舵角を大きくしている。そのため最低回転半径が小さくなり、シティカーとして取り回しが非常に良くなっている。FFでは難しいことだろう。  しかし、こうしたメカニズムのメリット、デメリットを論ずることは、あまり意味はあるまい。直列6気筒エンジンFR配置は、プレミアムブランドのクルマが持つステイタスとの認識が市場にあるため、これがマツダにとって必須要件となったのであろう。  「高級車」「高性能車」は、V12気筒などの多気筒化で振動がなく大馬力であることを「ロングノーズ、ショートデッキ」のデザインで表現し、シンボルとしてきた。その名残が大きな要素であるようだ。しかし、多気筒はフレクションロスが大きくなり、部品点数も多く、コスト高となってしまう。  ジャガーI-PACEの成功により、こうした高級車、高性能車、プレミアムブランドの新しい法則が出来上がってくることも期待したい。(記事:kenzoogata・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
Back to top button