• iPhone

    Check the basic information of the mountain in "Map" of iOS 15

    The "Maps" app has evolved significantly in iOS 15. Although the map data for each area is updated on a…

    Read More »
  • Woman Work Style

    A styling balm that can be used directly on the hair! Introducing "Styling Balm" that gives glossy hair from MiMC ONE

    A solid type hair styling balm "MiMC ONE styling balm" that can be easily used with one hand from MiMC…

    Read More »
  • Video News

    A piece of warmth in the cold rain – The 72 Pentads of Yamato – video

    Be amazed by Japan’s natural beauty on NHK WORLD-JAPAN: https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/tag/nature/?cid=wohk-yt-2110-yamato7268-hp … source

    Read More »
  • Video News

    Creative Solutions Spark Rural Revival – Journeys in Japan – video

    [Skip Intro] 1:10 Watch more full episodes of Journeys in Japan on NHK WORLD-JAPAN! source

    Read More »
  • Economy

    日本の街並みにも中大規模木造建築 日本古来の木造建築技術で普及目指す

    10月31日から、約2年ぶりとなる国連気候変動枠組条約締約国会議(COP26)がイギリスのグラスゴーで開催される。新型コロナの禍中であっても、気候変動問題は世界が一丸となって取り組まねばならない喫緊の課題だ。我が国も、2020年10月に「2050年カーボンニュートラル」を宣言しており、今年4月には2030年度における温室効果ガスを2013年度に比べて46%削減、9月に総理官邸で開催された第47回地球温暖化対策推進本部では、さらに50パーセントの高みを目標に掲げるなど、積極的に取り組む姿勢を見せている。 その甲斐もあってか、株式会社電通のサステナビリティ推進オフィスおよび電通Team SDGsが今年9月に全国10~70代の男女1400人を対象に実施した「第3回 カーボンニュートラルに関する生活者調査」の結果でも、「カーボンニュートラル」の認知率が約45%と徐々に増加傾向を見せている。また、「カーボンニュートラル」に向けた取り組みが必要と考える生活者の割合も約8割を占めていることも分かった。しかし、具体的にどう取り組めばいいのかと問われると、なかなか答えにくいのが現状ではないだろうか。 そんな中、カーボンニュートラルの実現に向けて、自社の事業の特性を最大限に活かしつつ、具体的なアクションを起こす民間企業も現れている。木造注文住宅メーカーの株式会社アキュラホームだ。 アキュラホームといえば、高性能な省エネ木造住宅や太陽光発電を普及価格帯で提供し、住宅業界の中でも環境貢献に積極的な住宅メーカーだ。近年では住宅事業だけでなく、間伐材をカンナ削りの技術を応用して加工した「木のストロー」が地球環境大賞農林水産大臣賞を受賞し、G20大阪サミットでも採用されるなど、SDGsやESG経営を推進する企業としても注目されている。 そんな同社が10月21日、埼玉県さいたま市に建設予定の新社屋ビル建築構想を発表した。敷地内に建設予定の約1815坪の8階建てビル一棟と、約453坪の2階建て2棟、計3棟のすべてを鉄骨ではなく「純木造」で建造するという。 高度成長期以前は神社仏閣をはじめ、公民館や学校の校舎など、中大規模建築も木造がほとんどだった。ところが、今では大きな建物は鉄骨造や鉄筋コンクリート造のものがほとんどだ。一方、北欧やアメリカなどでは今、環境への配慮から木造中大規模のビル建築が加速している。 カンナ社長の愛称でも知られるアキュラホームの宮沢俊哉社長は、日本で木造の中大規模建築が普及しない点について、現在のやり方では鉄骨造に比べて2倍以上の建築コストがかかってしまい、普及価格帯で提供できないことが一番の問題であると指摘した。実際、都市部では木造ビルなどの建築計画が相次いで発表されてはいるが、補助金等の公的支援がないとなかなか進まない状況だ。 宮沢社長はこの課題に対し、地域工務店が培ってきた「施工力」、世界最高レベルともいわれる日本の「プレカット加工技術」、木造軸組みの「普及材・流通材」、世界最高峰の「耐震構造計算技術」、これらを上手く活用することで、木造でも低コストで中規模建築を実現することが可能だとし、それを示すためにも自社社屋を「プロトタイプ」として建築することで、日本でも環境への負担が少ない中大規模木造建築の普及につなげていきたいと意気込む。また、そこで開発した技術やノウハウなどもオープンにすることで、地域ビルダーにも活躍の場を提供し、建築業界全体の活性化に貢献していく考えを述べた。 施工にあたっては、建築家の野沢正光氏をはじめ、東京大学木質材料研究室の稲山正弘教授、建築家の原田真宏氏、原田麻魚氏ら、カンナ社長の熱い理想に賛同する4人のスペシャリストが参画。 高価な金具に頼らず、日本古来の継手仕口などの木組みの接合技法や、水平加力実験で壁倍率20倍(最大耐力超26トン超)を実証した「組子格子耐力壁」など、日本の木材加工技術の粋を集め、木の構造部を露わにしたデザインなど木造らしいイメージを重視しつつ、木造では施工の難易度が高いといわれる耐震耐火などの課題にも取り組む。新社屋は2024年の完成を予定しており、これは通常見込まれるよりも非常に短い工期ではあるが、宮沢社長曰く、これも工期を短くすることでコストダウンにつなげるための挑戦だという。また、同社では鉄骨コンクリート造に比べてCO2を50%削減するのを目標にしており、これが成功すれば、日本のカーボンニュートラルも大きく前進させることになるだろう。 まだまだ木造ならではの多くの課題が残るものの、だからこそ、それらを克服すれば、日本のみならず、世界中からも注目されるプロトタイプ建築になることは間違いない。日本が誇る木造建築技術の凄さと美しさ、無限の可能性を広く世に知らしめてほしいものだ。(編集担当:藤原伊織) ■関連記事・旅行業の倒産急増。リモート普及で出張が大幅減。旅行客も戻らず。4割が廃業検討・大企業の本社、首都圏外へ移転の動き加速。年内に300社を超え転出超過の勢い。テレワーク常態化等が背景・東京から地方へ。コロナ禍をきっかけに移転を進める企業の、前向きな事情と戦略 Source link

    Read More »
  • Economy

    コロナ関連の破たん2218件に 制限解除が進む一方10月は過去最多更新 東京商工リサーチ

    東京商工リサーチは29日、コロナ禍の影響で経営破たんした国内事業者数が1週間で53件増え、累計で2,218件(負債1,000万円以上)に達したと発表。10月は164件が確認され、過去最多だった9月の160件を上回った。大規模イベントの1万人上限解除も決まり正常化が進みつつある中、飲食などコロナの影響を強く受けた業種では過剰債務が経営の重荷となる。 【こちらも】コロナ打撃企業、「あきらめ廃業」から「再生検討」へ 22年中の収束見込み5割超 東京都は29日、都内で新たに確認された新型コロナウイルス陽性者数が24人だったと発表。新規感染者数は68日連続で前の週の同じ曜日を下回り、直近1週間の平均は25人(前週は39人、前々週は66人)と減少が続く。一方、都は29日、過去の陽性者数に4,065人の計上漏れがあったことを発表した。 政府は28日、大規模イベントに対し設けていた「定員50%以内かつ上限1万人」の制限のうち、「上限1万人」を解除すると決定。「50%以内」は残るものの、スポーツや音楽ライブなどの大規模イベントを数万人規模で開催可能となる。期間は11月1日より当面の間とした。 東京都は29日、ワクチン接種証明として使用予定のスマホアプリの概要を公表した。5人以上で飲食店を利用する場合の安全証明として使えるだけでなく、買い物などで割引特典としての利用が想定される。運用開始は11月1日からで、すでにイオングループ等が特典へ協力するとしている。対象者は2回の接種を終えた都民。 新型コロナウイルスの世界における累計感染者数は、米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によれば日本時間30日午前9時時点で2億4,597万人超、死者数は498万人超。国別の最多は米国の4,592万人超、次いでインドが3,426万人、ブラジルが2,179万人。以下、イギリス902万人、ロシア829万人、トルコ798万人、フランス725万人と続く。日本は累計171万人台を維持。 かかる状況下、東京商工リサーチは新型コロナウイルスに関連する経営破たん事業者数が、29日時点で2,218件(負債1,000万円以上)に達したと発表。負債1,000万円未満の小規模倒産を含めると2,337件(先週比57件増)。破たん企業(負債1,000万円以上)が雇用していた従業員数の累計は、判明している数だけで2万2,910人(同579人増)に達した。従業員50人以上の事業者の破たんは、7月以降だけで9件発生。 飲食店への時短要請の解除に続き、大規模イベントも制限が緩和される。また、ワクチン接種証明アプリによる買い物特典など、感染抑制を維持しながら消費喚起を促す施策も打ち出された。一方、コロナ禍で負債の膨らんだ中小事業者の資金繰りは厳しく、10月はコロナ影響での破たん件数が過去最多を更新した。幅広い業種が恩恵を受ける施策の追加が期待される(記事:dailyst・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • iPhone

    iPhone Basic "Ki" 473th New Features of iOS 15 — "Memory" that turns memorable photos into videos with music is smarter

    iPhone Basic "Ki" 473th New Features of iOS 15 — "Memory" that turns memorable photos into videos with music is…

    Read More »
  • iPhone

    What will change with "photograph style"? –Why the iPhone can't be heard anymore

    Photograph style is a "function to apply some effects to photos taken with the camera app" introduced in all iPhone…

    Read More »
  • Woman Work Style

    Love at first sight with fashionable colors ♡ Tone 2021 Christmas Coffret "Tone Holiday Makeup Collection 2021" is now available

    From Tone's 2021 Christmas Coffret, "Tone Holiday Makeup Collection 2021", which includes a limited make-up palette and two brushes, is…

    Read More »
  • Woman Work Style

    MNP is recommended for high molecular weight hyaluronic acid charge! Deliver directly to the deepest part of the stratum corneum with "NEEDROP"

    Hyaluronic acid, a high molecular weight moisturizing ingredient, does not reach the stratum corneum just by applying it to the…

    Read More »
Back to top button