• Video News

    A Savior for Abused Children – video

    A forensic scientist plays an important role to help save abused children. Watch more videos here: … source

    Read More »
  • Headline

    地球外の有機物を食べる微生物を発見、その代謝過程を解明 京大の研究

     京都大学は20日、地球外の有機物、2-アミノイソ酪酸(Aib)を代謝する放線菌を発見し、その代謝過程を解明したと発表した。研究グループによれば、今回の発見は、原始地球における生命分子進化への理解を深めると共に、産業的にも重要な発見であるという。 【こちらも】1億年前の海底堆積物で微生物が生息し続けていた JAMSTECらが発見 ■地球外の有機物を食べる微生物を発見  地球外からやってくる隕石などからは、さまざまな有機物が発見されている。例えば、アミノ酸、糖、塩基などの生命の材料となりうる有機物も見つかっている。そのため隕石などによってもたらされた地球外の有機物が、地球上の生命の誕生・進化に寄与した可能性があることが指摘されている。  Aibもそのような有機物の1種だ。地球には、実に年間数百kgものAibが隕石などによってもたらされているという。  今回、研究グループが発見した放線菌はこのような地球外からもたらされたAibを栄養源とする微生物だ。なお放線菌とは、土壌中に広く棲息している原核生物で、放射状に菌糸が生育し胞子を形成する特徴を持っている。 ■その代謝過程を解明  研究グループは、この放線菌について、細胞内で発現している全てのタンパク質を網羅的に解析することにより、Aibからピルビン酸にいたるまでの5段階の酵素反応経路を解明した。  そして、この5段階の酵素反応経路の第1段階で働く酵素、Aibモノオキシゲナーゼを新しく発見した。このAibモノオキシゲナーゼは、金属タンパク質複合体で、Aibのメチル基を選択的に水酸化する働きがあることが確認されている。  研究グループによれば、このAibモノオキシゲナーゼには強い酸化力があり、不活性なメチル基を効率的かつ選択的に酸化することができるという。  そのため研究グループでは、このAibモノオキシゲナーゼは、さまざまな医薬品原料や次世代燃料を生産するためのバイオプロセスに活用できるのではないかと、期待している。バイオプロセスは、生物の機能を活用した生産プロセスであるために、環境負荷が少なく、持続可能な社会の実現に大きく貢献すると期待されている。(記事:飯銅重幸・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • Economy

    2度目の緊急事態宣言、完全に出勤する人は64.3% 4割が出勤に不安 日本トレンドリサーチ調査

     新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の発出に伴って実施された、勤務形態に関するアンケートによれば、今回の緊急事態宣言発令の際に6割を超える企業が「完全に出勤」と回答。「完全にテレワーク」と答えたのはわずか14.5%にとどまった。少しでも出勤していると回答した人のうち、出勤することに「不安がある」と答えた人は4割を超えたが、「不安がない」と答えた人も3割を超えた。 【こちらも】人材サービス、コロナの影響で成長鈍化 建設、保育、農業分野で今後成長が期待  NEXERが運営する日本トレンドリサーチは、2度目の緊急事態宣言の発出に伴い、コロナ禍以前から同じ仕事に就いている人を対象に、勤務形態の調査を実施。20日、調査結果を発表した。  2度目の緊急事態宣言が出された現在の勤務形態について、「完全に出勤」と答えた人は64.3%にのぼった。一方、昨年4月の緊急事態宣言発出時に行った同様の調査では、「完全に出勤」と答えた人が60.9%だったことから、今回の緊急事態宣言発出後の方が前回よりも「完全に出勤」している人が多いことが分かる。  現在の勤務形態については、「一部テレワーク・一部出勤」が21.2%(昨年4月比1.7ポイント減)、「完全にテレワーク」が14.5%(同0.7ポイント減)となった。  「完全に出勤」「一部テレワーク・一部出勤」と答えた人を対象に、出勤への不安があるか質問したところ、「不安がある」と答えた人は43.9%にものぼった。回答理由としては、「満員電車が怖いため」「全員がコロナ対策をきちんと行えていないため」というものが見受けられた。  一方、「不安がない」と答えた人は34.9%と3分の1を占める結果となった。理由は、「考えられる対策をした上で感染するのはやむを得ない」というものや、「日頃特定の人としか接しないから」という声があがった。(記事:笠井ゆかり・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • Digital Camera

    Canon, a new-style camera "PowerShot PICK" that automatically captures the state of the family

    Canon announces a new camera "PowerShot PICK" that has a function to automatically take a photo opportunity such as the…

    Read More »
  • Video News

    Ending Nighttime Urination – GATTEN! – video

    Learn more handy health tips on NHK WORLD-JAPAN! https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/tag/health/?cid=wohk-yt-2101-gatten005-hp More quality … source

    Read More »
  • iPhone

    What happens to the contracted "eSIM" when the iPhone model is changed? –Why the iPhone can't be heard anymore?

    In the model change procedure completed by using the quick start function of iPhone, eSIM will be completely passed through.…

    Read More »
  • Digital Camera

    Sony announces "unprecedented" α "" High pixel & ultra high sensitivity machine?

    Sony launches teaser advertisement for mirrorless camera "α". We can expect the announcement of the main high-performance mirrorless camera in…

    Read More »
  • Investment

    Connoisseurs of investment and asset management that you want to improve from your 20s 17th Stock price has increased more than 10 times! How to find Tenbagger stocks

    In this series, Mr. Hiroaki Nakajima, who has invested in virtual currencies and overseas real estate since he was in…

    Read More »
  • Headline

    若き女性が起業した、「シニア芸能プロダクション」にエールを!

     神戸大学出身の若き女性起業家が登場した。平岡史衣(ふみえ)氏。大阪市に立ち上げた、2019年9月に個人事業としてスタート、昨年9月に法人化したアンコールプロダクションの創業者社長である。64歳から90歳までの約50人が所属する、一口で言えば「シルバー芸能プロダクション」である。 【こちらも】パラマウントベッドが開発した「眠りスキャン」の意義  平岡氏は大学を卒業後、大手病院の整形外科の社員看護師に身を投じた。この時の「原体験」が起業の引き金となった。平岡氏は「高齢の入院患者が『生きていても楽しくない』と口にするのを耳にし、心を痛めていた。だんだんと、高齢者が幾つになっても活躍でき、『生き甲斐』を持って暮らせる世の中にしたいと思い考えるようになっていった」。  平岡氏は、いわば市場リサーチにも取り組んだ。夜勤明けの日などひと眠りした後、町にでかけ高齢者に声をかけた。「どういう人生を歩んできたのか」「人生の先輩として若者へのアドバイスは」、そして必ず「生き甲斐はなにか」と。機会を重ねるにつれて「生き甲斐がない」という老齢層が多いことに気づいた。病院での原体験が「普遍的な問題」として、肩に重くのしかかっていった。  退職。個人事業としてまずは、病院や町で耳にした「声」をインスタグラムにのせることから始めた。周知の通りインスタグラムにのせることは、耳・目にした人からファイスブックなど広くSNSに拡散する。  「同じ思いを抱いている人が少なくない」ことは、平岡氏の背中を押した。より広範囲に伝えたいと、『日本を救う!おじいちゃん・おばあちゃんが活き活きと踊りだすオリジナルプロモーションビデを作る』と訴えて、クラウドファンディングで資金調達をしたこともある。  多々耳にした高齢者の「声」、SNSを介した同調者の「思い」、クラウドファンディングを介した広範な「賛同」があり。起業家:平岡氏は誕生した。  タレントは「いまでは知人が面白い人がいるよと紹介してくれたり、私が開催している高齢者向けスマホ口座で参加者の中からスカウトしたりと様々」とか。  ただ「芸能プロダクション」と称していても「適切な言葉がなかった」からで、原則は、モデル(としてメディアに登場しているタレントもいるが)・俳優・芸人などを紹介・派遣するわけではい。  「自分にはなんのスキルもないというおばあちゃんの、主婦歴60年は立派なスキル・経験。それをどう活かすかが私の仕事」と言う。具体的には例えば、主婦歴60年の経験や人生経験を伝える語り部としての講演活動。依頼が時間の経過とともに増えていると言う。  ちなみに登録している高齢者タレントには車椅子が不可欠な要介護の人や、認知症を患っている人もいると言う。若き女性起業家にエールを贈りたい。(記事:千葉明・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • iPhone

    Is the iPad a tablet? No, it's a great computer in the first place! –iPad PC conversion course

    Can the iPad be used like a personal computer? In this series, we will examine "Is the iPad a substitute…

    Read More »
Back to top button