Motor

【特集】自動車メーカーのコロナとその後 第6回 三菱自動車はASEAN集中と固定費削減でポストコロナへ

三菱自動車工業が5月19日に発表した2020年3月期(2019年度)連結決算は、最終損益が258億円の赤字に転落した。決算発表の電話会見に臨んだ同社の加藤隆雄CEOは「2019年度は大変、厳しいものとなった。世界需要が減少する中で、コアマーケットのASEANが軟調であったことに加え、2020年に入り顕在化した新型コロナウイルス感染拡大の影響で収益環境の悪化は想定以上となった」と総括した。


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button