Market

アイスタディが連日ストップ高、遠隔教育の無償提供を発表し最近の思惑買いに拍車かかる

■ここフィスコ経研への出資や親会社による株式一部売却で注目強まる

 アイスタディ<2345>(東2)は3月31日、一時2日連続ストップ高の1131円(150円高)で売買され、6日続伸基調となって出直りを続けている。

 直近の会社発表ニュースとしては、31日付で、4月新学期の授業延期や遠隔授業を予定する高等教育機関からの声を受け、3月から無償提供を開始したeラーニングシステム(SLAP)に加え、eラーニング講座も遠隔教育支援として無償提供を開始すると発表し、注目が集まった。

 このところは、フィスコ<3807>(JQS)の(株)フィスコ経済研究所への資本参加、親会社CAICA(カイカ)<2315>(JQS)による株式一部売却などを発表。資本構成の変化や新事業への期待などが生じ、思惑買いを集めている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
アルコニックスは調整一巡、21年3月期収益回復期待(2020/02/18)
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button