Market

アイリッジが第44回日本ショッピングセンター全国大会「SCビジネスフェア2020」に出展

■商業施設のためのデジタルマーケティング事例を展示

 アイリッジ<3917>(東マ)の連結子会社DGマーケティングデザインは、1月22日(水)~24日(金)にパシフィコ横浜で開催される第44回日本ショッピングセンター全国大会「SCビジネスフェア2020」にブース出展する。
 
 ブース(A2-5)では、商業施設のファンを増やすアプリの企画・開発から運用、活用までの最新事例をメインに、LINEキャンペーンソリューションでの販売促進やAIアシスタントによる業務改善などの支援サービスまで、常設展示やプレゼンテーションで紹介する。

 また1月24日(金)16:15-16:45には、無料セミナー(プレゼンテーション B会場)にも登壇する。「OMOのためのアプリマーケティング~オムニチャネル化の次に行うべきこと~」というテーマで、スマホの普及で急速に変わる消費者の消費行動とそこに対応していくための手法を紹介する。

詳細は公式サイト:https://www.scbf.jp/outline.html
(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期営業減益予想だが保守的(2019/09/04)
日本エム・ディ・エムは上値試す、20年3月期2Q累計を上方修正して通期も上振れの可能性(2019/09/04)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益・増配予想(2019/09/04)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期2桁増益予想で上振れ余地(2019/09/04)
エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益予想、さらに上振れの可能性(2019/09/04)


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button