Economy

コロナ関連破たんが増加 秋葉原でも閉まったままのテナントが増える

東京商工リサーチが17日に発表した「新型コロナウイルス」関連破たんによると、2020年2月以降の負債1000万円以上の経営破たんは全国で1021件に上るという。とくに東京都では250件(倒産231件、準備中19件)となっており、全体の4分の1を占めているそうだ(東京商工リサーチ)。

AKIBA PC Hotline!によると、秋葉原でもコロナ禍の影響で店舗が閉店し、そのままになっていることが多いようだ。同紙が中央通り周辺を写した写真によれば、8月に空き店舗となった旧セガ秋葉原 2号館旧ツクモ秋葉原駅前店といった従来の一等地で、空きが出ればすぐに代わりが入居するようなテナントでもシャッターが閉まったままとなっている場所が目立つ模様(AKIBA PC Hotline!)。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | お金

 関連ストーリー:
秋葉原Cafe EURO、1月30日閉店 2021年01月10日
東京商工リサーチ、新型コロナ関連の経営破たん数を公開。負債1000万円以上は768件 2020年12月09日
セガサミーHD、アミューズメント施設運営から撤退へ。株式の85.1%をGENDAに譲渡 2020年11月05日
つくもたん卒業 2020年09月09日
「ぴあ」2020年4月〜6月期、新型コロナによるイベント自粛で売上高が90%減に 2020年08月18日
新型コロナウイルスの影響で上場企業の早期退職者募集が増える 2020年07月11日


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button