Sports

サンウルブズが最後の活動、大野均さんら思い出語る


今季限りでスーパーラグビー(SR)から除外となった日本チームのサンウルブズが8日、東京・秩父宮ラグビー場でファン感謝イベントを開催した。

昨年のワールドカップ(W杯)日本大会代表のリーチ・マイケル主将(東芝)や田中史朗(キヤノン)稲垣啓太(パナソニック)をはじめ、今季SRデビューした斎藤直人、中野将伍(ともにサントリー)ら18選手が参加。ステークホルダーやファウンダーズクラブ会員を観客席に招き、トークショーなどが行われた。

サンウルブズとして最後の活動。初代キャプテンの堀江翔太(パナソニック)は思い出のゲームに16年ジャガーズ戦の勝利を挙げ「サンウルブズがあったから19年のW杯につながったと思っている」と感慨深そうに振り返った。

17年に共同主将として率いた立川理道(クボタ)は「SRで戦うことが夢だった。いい経験をさせてもらった」。18年の主将ヴィリー・ブリッツ(NTTコミュニケーションズ)は「家族のような、まとまりを持っていたチーム。17年思い出に残っていたのはホームで勝利したブルズ戦」。19年に共同主将を務めたクレイグ・ミラー(パナソニック)「18年に香港で戦ったストーマーズ戦が思い出深い」と話した。

リーチ・マイケルは「今は毎日、家にいて家族といて、練習もしています。普段は合宿が多いので、新型コロナの影響で家にいて家族は喜んでます。思い出に残っているのは18年の最終レッズ戦。退場者が出て落ち込んでいる時、いい影響をチームに与えようと思って、ボールを持って後ろから思い切り突っ込んだ。(しかし、タックルではね返され)悪い影響を与えてしまって申し訳ない」と笑わせた。

今年引退した大野均さんは「スタジアムに入ると走りたくなります。16年の開幕戦ライオンズ戦。心配もあった中、2万人近いお客さんが入ってくれてうれしかった」。田中も「家族のような素晴らしいチームでした。18年ストーマーズ戦で初めての連勝が思い出深い」と話した。ほかに浅原拓真、坂手淳史、三上正貴らも参加した。

運営会社ジャパンエスアールの渡瀬裕司代表理事CEOは「2016年から厳しいチャレンジをし続けてきた5年間。今季は初めて開幕戦で勝利するという幸先のいいスタートを切れたのですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で残念な終わり方となってしまった。本日が最後の活動となりますが、もう1回、サンウルブズで世界にチャレンジしたいな、と願いながら…5年間、本当にありがとうございました」とあいさつした。

日本ラグビー協会の森重隆会長は「次の23年W杯フランス大会に向けてもサンウルブズを活用していくのか、今後議論したい」とビデオメッセージを寄せた。【木下淳】


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button