GOSSIP・Entertainment

チャーハン作る音のみ2時間放送、3D技術で録音


チャーハンを作る音だけで2時間。先月、異例の試みでツイッターのトレンド入りとなった文化放送「チャーハン特番」の無料配信が、ユーチューブなどでスタートし、在宅の大型連休に耳を傾ける人も多い。加藤慶プロデューサーは「気持ちで負けないために、少しでも食欲が上がれば」と話す。

「チャーハン特番」は、文化放送に近い東京・浜松町の街中華で録音され、先月20日深夜に放送された。たまごをかき混ぜたり、強火で中華鍋を豪快にふるうチャーハン作りの音のほか、から揚げを豪快に揚げる音、ギョーザを焼く音など、食欲をそそる音がひたすら続いた。

ツイッター上には「おなかすいた」「チャーハン作ろうか考え中」「ネギは手が空いた時に切るのか」「この放送聴いている人とは仲良くなれそう」など約4200件の投稿が寄せられ、「チャーハン特番」がトレンド入り。手作りチャーハンの画像アップも相次いだ。加藤プロデューサーは「昨年12月に放送した、たき火の音だけの“たき火特番”が好評だったので、次なる音の風景としてテーマにしました。こういう時こそ、おいしいものや好きなものを聴いて食べて、リスナーと一緒に難局を乗り越えたいと思いました」と話す。

チャーハンにしたポイントは、やはり音。「中華は強火で炒めたり揚げたり、おたまと中華鍋が当たる豪快な音がするので、何を作っているのか想像して楽しいと思いました」。プロ野球中継などでも使用している3Dオーディオ技術で録音しており、「イヤホンやヘッドホンで聴くと、まるで調理場にいるかのような感覚が味わえておすすめです」としている。【梅田恵子】


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button
Close
Close