Sports

フクヒロペアが移籍「東京五輪目指し再スタート」


バドミントン女子ダブルス世界ランキング2位の福島由紀(27)、広田彩花(25)組が4日、所属していたアメリカンベイプ岐阜から岐阜市に本拠地を置く丸杉Bluvicに移籍することを発表した。アメリカンベイプ岐阜バドミントン部が廃部となったため、福島、広田、今井彰宏監督含む、所属選手、スタッフ16人が移籍する。

オンラインで会見を開いたフクヒロペアは、新しいユニホーム姿で笑顔を見せた。福島は「岐阜で歴史のある丸杉に入社することになった。モチベーション維持に悩むときもあったが、いいチャンスだと思っていきたい。東京五輪を目指して再スタートしたい」と喜びを語った。広田も「東京五輪まで1年。開催されるか不安もあるが、新しい環境の中でメダルを目指していきたい」とコメントした。

丸杉の杉山忠国社長は「東京五輪まで競技に集中できるように環境を整備していきたい」と意気込みを語った。もともとあったバドミントン部はそのままで、新たに「丸杉Bluvic」というチームを作り、S/Jリーグでは1部での出場が認められている。練習はこれまでと同じ場所で行うことができるなど「できるだけ環境を変えたくなかった」という杉山社長の計らいに福島は「新しい気持ちで再スタートでき、ポジティブに捉えた。特に不安はない」と感謝した。

ともに熊本出身の福島と広田は高校卒業後、地元企業のルネサスに入社し、ペアを組んだ。その後15年4月に再春館製薬所を経て、18年5月に岐阜トリッキーパンダース(現アメリカンベイプ岐阜)に移籍した。現在東京オリンピック(五輪)選考レースでは首位を走っており、東京五輪出場を確実にしている。五輪にかける思いを聞かれた広田は「2人の目標は金メダルというのがあるので、楽しんでやりたい」と改めて新天地での決意を述べた。【松熊洋介】


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button