Market

マーケットエンタープライズはベトナムでの子会社設立の手続き完了

◇現地での優秀なITエンジニアの積極的な採用を推進

 マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)は8日引け後、ベトナムでの子会社設立の手続き完了を発表した。今後は、現地での優秀なITエンジニアの積極的な採用を推進する。

 同社グループは、ネット型リユース事業、メディア事業、モバイル通信事業の3つの事業を展開している。ところが、これらの事業は自社開発のITシステムを基盤として展開しているため、システム開発体制の強化は必要不可欠といえる。そのため、オフショア開発拠点の新規設立として、ベトナムに子会社を設立することを決定していた。

 今後は、現地における優秀なITエンジニアの採用を積極的に推進し、将来的には同社グループにおけるオフショア開発の中核拠点として機能できるよう事業を展開する方針。

 19年6月期の業績は、利益率の改善が進み、増収大幅増益と最高益更新を達成している。今期も前期に続き大幅増収増益予想である。

 ベトナムに子会社を設立し、オフショアでのIT技術者の採用への道を開いたことから、今後、海外での事業展開も期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】第2、第3のテレワーク関連株に注目、仮想デスクトップ・テレビ会議関連など(2020/02/03)
【株式評論家の視点】昭栄薬品はオレオケミカルの専門商社、自社株買い実施に光通信が保有(2020/01/09)
【株式評論家の視点】北の達人コーポは「刺す化粧品-ディープパッチシリーズ」が大ヒット、700円割れが下値として意識(2020/01/16)
【ブロックチェーン・STO関連銘柄特集】新たな金融サービスの広がりに期待(2019/12/11)
【株式評論家の視点】プレナスは通期業績予想を据え置き、配当利回り3%(2020/01/18)


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button