ECO

使用済みの太陽光パネルのゴミ排出量、2035年ごろにピーク迎える

経済産業省らは21日、再生可能エネルギー発電設備の適正な管理に関する検討会の初会合で、使用済みの太陽光パネルの排出量が2035年から2037年にピークを迎えるという予測を出した(日経新聞時事ドットコムTBS NEWS DIG Powered by JNN(動画))。

再生エネルギーを固定価格で買い取るFIT制度を2012年に始めたこともあり、排出量は30年代に急増するとされている。これにより、太陽光パネルの産業廃棄物はピーク時は年に約17万~28万トンとなり、産業廃棄物の最終処分量の1.7~2.7%に相当するとのこと。また、再生エネルギー施設の設置地域では、事業終了後の設備の処理をめぐって事業者と住民の間でトラブルなどが起きているため、検討会では今後、こうした部分に関しても対策を議論していくとしている。 

スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 日本 | 地球 | ビジネス | サイエンス | 政府

 関連ストーリー:
小泉環境大臣、災害リスクが高い場所への再生エネルギー施設の設置規制を検討へ 2021年07月09日
小泉環境相、太陽光パネルの住宅への設置義務化も視野へ 2021年04月20日
太陽光発電設備で失われた土地、いわゆる「里山」が多くを占める 2021年04月15日


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button