Sports

前田穂南V「同じ流れに」野口みずきの金ロード参考


アテネオリンピック(五輪)金メダリストがたどった道をなぞり、超えた。東京五輪マラソン女子代表に内定している前田穂南(23=天満屋)が、女子30キロ日本記録となる1時間38分35秒で圧勝した。2005年ベルリンマラソン(30キロ通過地点)で野口みずきがマークした1時間38分49秒を更新。その野口が04年アテネ五輪で優勝した年に刻んだ大会記録も塗り替えた。

起伏に富んだ難コースで、前田は高速かつ精密なラップを刻んだ。男子選手に囲まれる形で序盤から女子トップに立ち、最初の5キロを16分18秒で入ると、続く5キロも同じく16分18秒。上り勾配が多い10~15キロは、それまでよりちょうど30秒遅い16分48秒で我慢し、15キロ付近で折り返すとペースを戻した。

20キロ過ぎで少し緩めて力を蓄え、最後の5キロはこの日最速の16分12秒をマーク。タフなコースを乗り切って日本記録をたたき出した。「30キロは長かったようで短かった」と振り返り、「1時間39分を切ることを目標に走っていた。達成できて良かった」。1時間38分35秒の快走に充実感を漂わせた。

04年に野口みずきがマークした大会記録(1時間39分9秒)更新で、200万円のボーナスも獲得した。意識したのはそのアテネ五輪金メダリストの足跡だ。野口はこの大会での快勝を足がかりに、同年夏の五輪で頂点をつかんだ。武冨監督は「アテネの前の野口さんはどうしていたか参考にし、昨年末ぐらいにこのレース出走を決めた」と明かし、「野口さんがこの大会で出したタイムを1つの目標にして、そこまで行けた。このあとの目標を少し高く持てる」と目を細めた。

今後の予定について武冨監督は「どのレースに出るかは何も考えていない。どこかで1本入れたいが、まずはしっかり練習をやることが大事」と話すにとどめた。具体的なプランが決まるのはこの先とはいえ、この日最高の結果を出したことで、視界は大きく広がった。前田は「野口みずきさんと同じ流れに乗れた。いいモチベーションになる」。偉大な先達がつくった道筋をたどりながら、金メダルへと近づいていく。【奥岡幹浩】


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button