Market

加賀電子は再び上値を指向、いちよし経研が投資判断を引き上げ注目再燃

■フェアバリューを2800円から3200円に引き上げる

 加賀電子<8154>(東1)は2月10日、朝方の2278円(98円安)を下値に切り返し、再び上値を指向。後場は2420円(44円高)前後で強い展開となっている。同日付で、いちよし証券系のいちよし経済研究所がレーティングを従来の「B」から「A」に引き上げ、フェアバリュー(妥当株価)も2800円から3200円に引き上げたと伝えられ、注目が再燃している。

 さる2月6日に第3四半期決算と3月通期の連結業績見通しの増額修正を発表しており、連結営業利益(2019年4月~12月・累計)は前年同期比34.5%増加して77.32億円と、この期間としての最高を更新した。

 いちよし経研のレポートによると、EMS(受託製造)事業の収益性向上や、19年1月に連結対象となった富士通エレクトロニクス(非上場)の販管費抑制効果が想定以上であること、増額修正した3月通期の業績予想は、3Q(第3四半期)実績の改善ぶりから見て保守的と考えられること、また新型コロナウイルスの感染拡大の影響は同社にとって限定的と考えられること、などを要因とした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヒーハイスト精工は調整一巡して反発期待、19年3月期2Q累計減益だが進捗率順調(2018/11/15)
プロレド・パートナーズは、18年10月期大幅増益で成長続く、7000円割れを下値に上値試す(2018/11/01)
ラ・アトレは出直り期待、18年12月期利益・配当予想を上方修正(2018/11/15)
リーガル不動産は総合不動産開発企業として業容拡大、下値に買い入る(2018/10/31)


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button
Close
Close