Economy

日本のデジタル人材、追加で2950万人が必要 AWS調査

Amazon Web Services(AWS)の日本法人は26日、日本には2025年までにこれまでの76%増となる2950万人のデジタル人材の追加が必要となるとする調査結果を発表した。この調査はAWSが戦略・経済コンサルティング会社AlphaBetaに委託して調査を行ったものだという(PR TIMESZDNet)。

500人以上のテクノロジー専門家、ビジネスリーダー、政策立案者にインタビューを実施した。その結果、日本のデジタルワーカーの4人に1人はクラウド関連のスキルを活用していないとされ、2025年までに業務でそのスキルが必要になると考えているという。

その中でもクラウドアーキテクチャ設計は、2025年までに必要となるスキルだと考える人が多かったとしている。そのほかとしては、大規模なデータモデリング、Web・ソフトウェア・ゲーム開発、ソフトウェアの運用サポート、大規模なデジタルプロジェクト管理などの人材が今後日本の労働者に求められるスキルの上位5位にランクインしているのこと。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 日本 | ビジネス | インターネット | IT

 関連ストーリー:
COCOAの開発・運営、厚生労働省からから内閣官房に移管を検討されるも…… 2021年02月13日
デジタル庁採用募集、倍率は47.7倍だった 2021年01月27日
厚生労働省、テレワーク・ガイドラインを見直しへ。業務時間外の連絡にルールを設けるなど 2020年12月25日
デジタル庁創設に向け政府がIT人材などを募集。兼業も可 2020年12月22日
地方タクシー会社の“ガレージ”で生まれた現場のための配車システム。今では約120社が採用 2020年10月13日


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button