ECO

米国、中国抜きの半導体サプライチェーン構築目指す

あるAnonymous Coward 曰く、 下記リンクは日経ビジネスの時代から続く朝鮮問題専門家の鈴置氏のコラムですが、米国が戦略的に中国抜きの半導体サプライチェーン構築を目指す動きを分かりやすくまとめたものとして一読の価値があると思います
sradの過去の半導体関連のトピックの背後にある大きな流れが見て取れます
(SKハイニックスの中国工場へのASML社のEUV露光装置の輸出阻止はこのコラムで初めて知りました)

及び腰の韓国を米国は経済制裁で脅す 「西側経済圏」復活で「中国閉め出し」を図る

 コラムの解説元となった出来事に関してTECH+が記事化している。それによれば、SK Hynixが中国にある自社DRAM工場にEUV露光装置を導入する計画に対して、米国政府が待ったをかけたという。その中国の工場ではSK HynixのDRAM製品の約半分を製造しているとされ、またDRAMメーカー大手3社で中国でDRAMを製造しているのはSK Hynixだけであることから、こうした状況が長引いた場合、SK Hynixは同業他社に後れを取る可能性があるとしている(ReutersTECH+)。

米国政府からの圧力は自国のIntelにもかけられているようだ。Intelは半導体不足の解決策として中国・成都の半導体工場の生産能力増強を計画していたが、バイデン政権から思いとどまるよう強く求められたとしている(TECH+)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ビジネス | ハードウェア | アメリカ合衆国 | 中国

 関連ストーリー:
テスラ、半導体不足に対応するため19ものコントローラーを新たに用意 2021年11月02日
EUが「欧州半導体法」を策定へ 2021年10月19日
GM、北米の8工場を一時稼働停止へ 2021年09月09日
偽造半導体を買わされる被害が増加。国内でも流通の3割に影響とも 2021年09月02日


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button