ECO

米国のリモートワーカー、2割が自宅のクローゼットで仕事

コロナ禍による在宅勤務が一般化しているが、マーケティング会社CraftJackが1,520人の米国人を調査したデータによれば、調査対象の半数以上が新しい椅子を購入し、4人に1人が新たなウェブカメラを導入したという。また回答者の58%が、自宅の仕事環境を改善するための機材を購入したとしている(CraftJackGIGAZINE)。

しかし、仕事をしている場所に関しては、書斎のような専用スペースを確保できている人は32%ほどと少なく、多くの人はパートナーや子供たちと共有した環境で仕事しているという。具体的には31%が寝室をオフィスとして使用しているとしている。パンデミック時には3人に2人(65%)がベッドの上で仕事を行い、さらに3人に1人(35%)はクローゼットルームで働いていたとしている。現在でも在宅勤務が定常化しているような人に質問した場合でも、45%はソファで仕事を行い、38%はベッドで、20%は野外で働いているとしている。またこちらもクローゼットルームで働く人が19%ほどいたとしている。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
スーツと作業着を組み合わせた「ワークスーツ」が人気に 2021年08月02日
米国でテレワーク専門の管理者が人気。経営幹部の可能性も 2021年07月31日
TBSラジオ、radikoへの提供音色を「長時間、イヤフォンで聴いても疲れない音色」にパラメータ調整 2021年07月07日


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button