Sports

羽生結弦“平昌回帰”は「この子たちに力借りたい」


【ソウル5日】フィギュアスケート男子の羽生結弦(25=ANA)が、初優勝が懸かる4大陸選手権(6日開幕、韓国)に向けて会場の木洞アイスリンクで公式練習に臨んだ。

念入りにスケーティングを確認し、まずはトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を着氷。続いて4回転サルコー、4回転-3回転の連続トーループを決め、長袖ジャージーを脱いだ。

曲をかけての通しはショートプログラム(SP)を選択。「バラード第1番」に乗って4回転サルコーを着氷。さらには4回転-3回転の連続トーループ、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決め、完成度の高さを示した。

「(バラード第1番については)見ている方の感性に任せるとしか言いようがない。少し緊張しました。あらためて、この曲で滑る覚悟を(自分に)させました」

思い出の韓国の地で決意を新たにした。今大会は18年平昌五輪で2連覇を果たした際のショートプログラム(SP)「バラード第1番」とフリー「SEIMEI」に回帰。前日4日に仁川空港へ到着した際には「理由として言いたいことは多々あるんですけど、自分自身が目指しているフィギュアスケートが一番できるものが、今はSEIMEIとバラード第1番かなと。そのプログラムたちと一緒にまた滑りたいな、と心から思えたので」と自らの言葉で説明していた。

その部分について「たぶん、この話だけでインタビューが終わると思いますけど」と切り出してから、語り始めた。

「まず、グランプリファイナル、全日本(選手権、ともに2位)とあって、難易度を難しくすることはすごく、自分自身にとっても楽しいですし、それを達成できたときの喜びは計り知れないものがあるんですけれど、自分が目指しているスケートっていうのは、ただ難しいことをするスケートじゃないなって思ったんですよ」

「そのオリジンをやっていたり、オトナル(これまでのSP曲『秋によせて』)をやっていてもそうなんですけれど、自分の呼吸じゃないなと。あの~まず技術的なことに関して言えば、高難易度のものを入れれば入れるほど、やっぱりまだ、僕にはスケートの部分がおろそかになってしまったりとか、曲から1回、頭を替えて。曲を1回、外して。ジャンプにセットしにいかないといけないっていうのが、やっぱり嫌だった…。それがやっぱり耐えきれなかったっていうのが大きいです」

「また音楽に関して言えば、この曲『Origin』とオトナルっていう選択をした時はオリンピックが終わった後だったので、自分自身すごくフワフワした気持ちでいましたし、何かジョニー・ウィアーさん(秋に寄せて)とプルシェンコさん(Origin)の背中を追う少年のままいたような感じがしたんです」

「確かに全日本のオトナルは良かったと思いますし、スケートカナダのオリジンも良かったとは思うんですけれど、でもやっぱり、自分の演技として完成できないっていう風に思ってしまいました。あまりにも理想が高いゆえに。その理想が多分、僕じゃなくてプルシェンコさんだったり、ジョニーさんの背中が理想だったと思うんです。そう考えたときに、やっぱり『僕のスケートじゃないのかな』というのを(全日本翌日のエキシビション)メダリストオンアイスでSEIMEIをやった時に、あらためて思いました」

「だからこそ、SEIMEIを滑ったときにカバー曲とオリジナル曲じゃないですけれど、そのぐらいの違いを自分の中ですごく感じて、本当にSEIMEIもバラード第1番も、本当は何か伝説として、語り継がれるような記録を持ってしまっている子たちなので、できれば寝かせてあげたかったんですけれど、それでもメダリストオンアイスで力を借りたときに、あの時の精神状態だったからかもしれないですけれど、ものすごく『自分でいられるな』って思って、それで、もう少しだけ、この子たちの力を借りてもいいかなって思いました」

全日本で2位に終わった後、自らへ「弱い、弱っちいです」と厳しい言葉を投げかけていた羽生。今季最大の舞台は3月の世界選手権(カナダ・モントリオール)。3年ぶりの世界一奪還へ、新たなプログラムで新たな可能性を示す今大会となる。

◆4大陸選手権の日程

男子ショートプログラム(7日午後6時5分開始)

男子フリー(9日午前11時半開始))


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button