Sports

退院の池江璃花子「パリ五輪」へ練習開始時期を模索


白血病で闘病中の池江璃花子(19=ルネサンス)が17日、公式ホームページ(HP)で退院を発表した。

直筆のメッセージで感謝の気持ちとともに、約10カ月間の入院生活、そして競技活動について触れた。体調の安定を最優先するために7カ月後に迫った東京オリンピック(五輪)は見送ることになるが、24年パリ五輪でのメダル獲得を目標に掲げた。今後は医師と相談の上で、ゆっくりと歩み出す。

   ◇   ◇   ◇

池江が、直筆の文字で感謝の気持ちをつづった。この日、退院を発表した。「2月から入院生活をし、約10カ月の月日がたち、このたび退院することができました。辛くて長い日々でしたが、皆様からの励ましのメッセージを見て、早く戻りたいと強く思うことができました」とした。

衝撃の白血病公表から約10カ月。ひとつの区切りを迎え、マネジメント会社は「急性リンパ性白血病」と病名を発表した。治療の経緯について「化学療法による治療を行いましたが、治療期間中に合併症を併発したため化学療法の継続が困難となり、造血幹細胞移植を行いました。その後、寛解状態を維持し体調も安定したために退院することができました」とした。

池江は、目標とする五輪についても触れた。「今後の競技活動については、医師と相談しながら、水中トレーニングが可能になり次第、開始します。それまでは基礎体力をつけながら、陸上トレーニングをしていく予定です。オリンピックについてですが、2024年のパリ五輪出場、メダル獲得という目標で頑張っていきたいと思います」。今後も通院による治療は継続するため、当面は陸上トレーニング中心の体力作りを始める時期を模索する。

池江は16年リオデジャネイロ五輪に出場。得意の100メートルバタフライは5位入賞。18年夏のジャカルタ・アジア大会では史上初の6冠を達成。だが今年1月中旬からのオーストラリア合宿で体調を崩して緊急帰国。入院生活に入って、2月12日に白血病を公表した。

「オリンピックを目前に控えていた中、突然、大好きなプールを離れ、失ったものが多いのでは、と思った方もいらっしゃると思いますが、私は病気になったからこそわかること、考えさせられること、学んだことが本当にたくさんありました」。9月には日本学生選手権の会場を訪れて、3日連続で日大の仲間を応援。男子の優勝を見届け、記念撮影にも加わっていた。

パリ五輪を見据える中でも体調が最優先になる。池江は「これからも応援よろしくお願いします」と締めくくった。【益田一弘】

◆池江璃花子(いけえ・りかこ)2000年(平12)7月4日、東京都生まれ。15年世界選手権で中学生として14年ぶりに代表入り。50、100、200メートル自由形と50、100メートルバタフライの日本記録を保持する。16年リオデジャネイロ五輪5位、18年夏のパンパシフィック選手権で主要国際大会初優勝。18年のジャカルタ・アジア大会では日本勢最多6冠で、女子初の大会MVPに選出された。171センチ、60キロ。

▽池江の経過メモ

◆19年1月13日 19年最初のレースで、得意の100メートルバタフライで自己記録より4秒以上遅い1分0秒41。

◆同18日 オーストラリア合宿に出発。「いい刺激をもらって帰ってきたい」。

◆2月4日 疲労が抜けずに、現地で検査を受ける。

◆同8日 緊急帰国。病院で白血病と診断されて入院。

◆同12日 同自身のツイッターで白血病を公表。「私自身、いまだに信じられず、混乱している状況です」

◆同13日 骨髄バンクへの問い合わせが急増。池江は「私は、神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています。今は、完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えて頂きながら戦っていきたいと思います」

◆3月6日 ツイッターで「思ってたより、数十倍、数百倍、数千倍しんどいです。三日間以上ご飯も食べれてない日が続いてます。でも負けたくない」。

◆4月8日 日大入学と同水泳部入部を発表。

◆5月8日 公式HP開設。「正直心が折れそうな時もあります。たくさんの言葉に励まされ、最後まで頑張りたい、負けたくないという気持ちが込み上がってきます」

◆6月4日 公式HPに一時退院の写真を掲載。「もう病院には戻りたくない!と思う時もありますが、人生のたった数カ月だと思って自分を奮い立たせてます」

◆7月4日 公式HPで19歳の誕生日に「18歳の年は良いことをたくさん経験できました。19歳はその良いこと、良い日をたくさん増やしていきたいです」

◆同23日 世界選手権のメダリスト3人が「NEVER GIVE UP」と手のひらに書いたことを受けて、自身のインスタグラムで「thank you love you guys(愛しています)」。

◆9月6日 日本学生選手権を3日連続で応援。男子総合優勝に「とてもうれしかったです。今年は出られずに本当に悔しかったので、必ずまたリベンジします」とマネジメント会社を通じてコメントを出した。

◆11月2日、ラグビーW杯が閉幕したことを受けて、インスタグラムで「たくさんの感動をありがとうございました」とコメント。


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button