Sports

Bリーグ田口選手会長「かなりの損失が」一問一答3


Bリーグ選手会長の田口成浩(30=千葉)が27日、日刊スポーツの電話インタビューに応じ、ポストシーズンを含む残り全試合の中止を決定したリーグの決断を支持した。一問一答は次の通り。

   ◇   ◇   ◇

-大河チェアマンは、選手とは良い話し合いが出来たと言っていた

本当にその通りだと思う。選手会とリーグと実行委員会が1つになって、みんなで乗り切ろうとおっしゃってくれた。自分たちもリーグに対してけんか腰だったわけではなかった。対立構造はまったくなくて、選手の気持ちを分かって欲しいと伝えた。(苦しい状況を)こうやって乗り切っていきたいと選手会側からも提案できた。チェアマンもその気持ちを汲んでくださった。

-多くの選手にとって、来季の契約更改は厳しいものになるかもしれない

正直こういう状況なので、どのチームもチケット収入やグッズ収入が入らず、かなりの損失があると思う。ただ選手としてはそれぞれの生活がある。なかなか難しい状況にあるとは感じているが…。

-あらためて無観客での試合を振り返ると

試合前のアップの時点で寂しさがあった。結果としてホームで負けてしまった。リードされている状況から追い付き、さあ逆転するぞとなったとき、会場が盛り上がることでアドレナリンがより出る。声援の後押しに助けられていたことを肌で感じた。

-来季への思いを

ファンの皆さんの前でやることで、選手たちの気持ちも上がる。多くの観衆の前でまたプレーしたい。

【取材・構成=奥岡幹浩】


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button