GOSSIP・Entertainment

AKB48新センター山内瑞葵、ソロコンサートで“革命宣言”「センターはゴールじゃない」【写真9点】

AKB48グループによる年始の恒例となっているライブ「AKB48グループ 2020TDC ライブ祭り」。18日(土)から9日間にわたってTOKYO DOME CITY HALLにて全17公演が開催されている。最終日の26日(日)昼には、AKB48山内瑞葵がソロコンサート「“MY”Revolution」を開催した。

3月18日(水)にリリースされるAKB48の57thシングルにて、表題曲初センターに抜擢された山内瑞葵。“魔法使いの見習い”の山内が身分を隠しAKB48メンバーになっていたところに、師匠である“マスター・オブ・魔法使い”(田口愛佳)がやってくるというストーリー仕立てでコンサートはスタートした。
AKB48

『シンクロときめき』『初恋ドア』『必殺テレポート』と最初の3曲で、山内の魔法にかかった会場は早くもボルテージが高まる。山内も、『それでも好きだよ』ではもっと好きになっちゃう魔法「ラッキーずっきー」を使って会場のファンをさらに盛り上げた。

ソロダンスパフォーマンスの後は、“マスター・オブ・魔法使い”から「このコンサートで“本気”の姿を見せるように」と指示され、『Make noise』『右足エビデンス』など4曲を全力のダンスパフォーマンスで披露した。『私は私』ではパフォーマンス前に「(魔法使いの道ではなく)いつか日本を代表するようなアイドルになりたいです」と力強く宣言。その言葉通り、魔法ではなく、アイドル力で観客を魅了した。
AKB48

アンコールの『大声ダイヤモンド』では同期の16期生メンバーが登場し、山内を囲んでパフォーマンス。続いて当時研究生だった16期生の曲で、山内初のセンター曲(浅井七海とWセンター)『抱きつこうか?』を披露し、同期ならではの息のあったパフォーマンスで会場を大いに盛り上げた。

最後のMCでは山内がファンに向けて手紙を読んだ。ファンへの感謝の気持ちを述べながら、「センターになったことが本当のゴールじゃなく、まだまだこれから自分を磨いて、センターにふさわしいメンバーになれるよう頑張ります。そして自分のパフォーマンスで日本中、世界中を笑顔にできるように、さらに今のAKB48の魅力をたくさんの人にお届けできるようになりたいです。それができた時が、本当の『”MY”Revolution〜(瑞葵(M)山内(Y)革命(Revolution)』なので、これからもそばにいてください」と伝えた。

ラストは『僕は頑張る』を歌詞にあるように 願いが叶うまで全力を尽くすことの大切さを噛み締めながら、感謝の気持ちをファンに歌い届け、暖かい歓声に包まれながらソロコンサートは幕を閉じた。
AKB48
▽AKB48 久保怜音ソロコンサート 〜わたあめランドへようこそ〜
日時:2020年26日(日)
場所:TOKYO DOME CITY HALL

▽セットリスト
0 overture –
1 シンクロときめき 山内
2 初恋ドア 山内
3 必殺テレポート 山内
4 それでも好きだよ 山内
5 伝説の魚 山内
6 回遊魚のキャパシティ 山内
7 ALIVE 山内
8 君はメロディー 山内
9 LOVE 修行 山内
10 (ソロダンスパート) 山内
11 Make noise 山内
12 右足エビデンス 山内
13 点滅フェロモン 山内
14 私は私 山内
15 My Revolution(オリジナル:渡辺美里) 山内
16 モニカ、夜明けだ 山内
17 走れ!ペンギン 山内
18 ファースト・ラビット 山内
19 Reborn 山内
20 猫アレルギー 山内 ~アンコール~
EN1 恋する Ribbon! 山内
EN2 ラッキーずっきー 山内
EN3 大声ダイヤモンド 山内、浅井、稲垣、佐藤美、鈴木、 田口、長友、本間、前田、道枝、 武藤小、安田、山根
EN4 抱きつこうか? 同上
EN5 僕は頑張る 山内


Source link

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button
Close
Close