大盛工業は利益予想の大幅増額修正が好感されてストップ高

0
■高収益工事の増加などで第2四半期の営業利益は従来予想の2.6倍に  大盛工業<1844>(東2)は12月9日、買い気配からストップ高の300円(80円高)で始まり、10時40分にかけては再び買い気配。年初来の高値を一気に更新し、2018年9月10日以来の300円台に進んでいる。6日の取引終了後、第2四半期の業績見通し(19年8月~20年1月、累計)の各利益予想の大幅増額修正を発表。注目集中となった。  第2四半期累計期間の連結業績見通しは、売上高については、進行中の工事にかかわる設計変更協議や施工区域の調整などにより、従来予想を8.2%引き下げた。しかし、利益面では、収益性の高い推進工事の増額変更や完成の早まった工事などにより、営業利益は同2.6倍に引き上げた。通期の見通しについては、修正の必要が生じた場合に適時開示するとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) 【関連記事・情報】 ・クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08) ・TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08) ・ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06) ・テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06) ...

ラ・アトレは2日連続ストップ高、引き続き業績・配当予想の大幅増額など好感

0
■12月期末配当は従来予想の28円を一挙45円の予定に  ラ・アトレ<8885>(JQG)は12月9日、買い気配のまま9時30分にはストップ高の1073円(150円高)に達し、2取引日連続ストップ高となった。5日の取引終了後、今期(2019年12月期)の連結業績予想と配当予想の大幅な増額修正・増配などを発表。引き続き注目集中となっている。  販売用不動産の引き渡しが前倒しになったこと等により、連結売上高は前回(9月12日)発表時の予想を13.7%増額して111.17億円の見込み(前期比44.0%の増加)とした。営業利益は従来予想を46.5%増額して20.81億円の見込み(同74.0%の増加)とし、親会社株主に帰属する当期純利益は同じく57.4%増額して12.47億円の見込み(同ほぼ2倍)とした。増額後の予想1株利益は236円56銭。  また、12月期末配当は、これまでの1株当たり28.00円の予定を同45.00円の予定とした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) 【関連記事・情報】 ・クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08) ・TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08) ・ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06) ・テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06) ...

Individual brand name strategy:Mitsubishi Chemical HD, and AGC to the attention

0
*09:01JST individual stocks strategy:Mitsubishi Chemical HD, and AGC to the attention Last weekend the 6th of the US market...

NY viewpoint:this week’s focus:US-China tariffs whereabouts, FOMC,ECB,SNB

0
*07:38JST NY viewpoint:this week's focus:US-China tariffs whereabouts, FOMC,ECB,SNB Investors and speculators have high showing the weekly statistics, the circle...

Day 6 of the NY market is on the rise

0
(NYDow・NasDaq・CME (table)) NYDOW;28015.06;+337.27 Nasdaq;8656.53;+85. 83CME225;23530;+110(OSE ratio). (NY market data) Day 6 of the NY market is on the rise. The Dow...

HEROZが12月25日から東証1部または東証2部に移籍

0
■新株発行などでの資金調達約40億円と1月末の株式2分割も発表  HEROZ(ヒーローズ)<4382>(東マ)は12月6日、同日付で東京証券取引所の承認を受け、2019年12月25日をもって、同社株式の上場市場を東京証券取引所マザーズ(東証マザーズ)から東京証券取引所市場第一部(東証1部)または市場第二部(東証2部)へ市場変更することになったと発表した。  同時に新株式発行、および株式の売出しによる資金調達(一般募集による手取概算額約40億円)と、2020年1月31日(金)を基準日とする株式分割(普通株式1株につき2株の割合をもって分割)も発表した。  東証1部または東証2部への決定は、新株発行発行増資の発行価格等決定日(19年12月16日から同年12月18日までの間のいずれかの日)以降に東証の決定を受けてお知らせするとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) 【関連記事・情報】 ・クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08) ・TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08) ・ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06) ・テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06) ...

【新規上場(IPO)銘柄】SIホールディングスは業績が順調に推移するか注目、365円どころは下値水準

0
 SIホールディングス<7070>(JQG)は、10月1日をもって単純株式移転の方法により、株式会社やまねメディカルの完全親会社として設立。SIホールディングスは、超高齢社会の急速な進展へのソーシャルソリューショ ンとして、「高齢者住宅整備」「高齢者向け生活支援サービス整備」「経営支援サービス推進」の3つのプロジェクトからなる『豊かな超高齢社会創造計画』に取り組んでいる。  SIホールディングスの各事業会社は、それぞれが、各分野で独立した「ソーシャルイノベーター(SI)」として、各事業会社間のシナジーを高めつつ、「高齢者住宅整備」「高齢者向け生活支援サービス整備」「経営支援サービス推進」の各プロジェクトを活力とスピードを持って推進して、『シニア輝く社会づくり』の実現に取り組んでいる。  今2020年3月期第2四半期業績予想は、売上高39億200万円、営業利益2億2500万円、経常利益1億8200万円、純利益1億2900万円を見込む。  今20年3月期業績予想は、売上高80億8600万円、営業利益5億1700万円、経常利益4億3200万円、純利益2億7300万円を見込む。年間配当は期末一括1円を予定している。同社の業績予想については、やまねメディカルが5月13日付で公表した業績予想をもとに、持株会社設立による影響を加味し算出した開示した数値に変更はない。  株価は、10月1日につけた上場来高値459円から同23日に上場来安値355円まで調整を挟んで同28日高値445円と買い直された後、12月3日安値367円と下落し、もみ合っている。現時点では、「高齢者住宅整備」「高齢者向け生活支援サービス整備」「経営支援サービス推進」の3つのプロジェクトに対する期待感から、365円どころが下値水準として意識された感がある。日柄調整が進み、計画通り順調に業績が推移すれば、25日移動平均線突破から上値追い姿勢を強めると予想する。(株式評論家・信濃川)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) 【関連記事・情報】 ・クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08) ・TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08) ・ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06) ・テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06) ...

インフォマートの「BtoBプラットフォーム 受発注」の『受発注ライト』機能を導入したことで、花王プロフェッショナル・サービスは受注業務の効率化を実現

0
■花王の業務用品の製造、販売を専門とし、高度な衛生管理が求められる現場へ、ソリューションサービスを提供  インフォマート<2492>(東1)は、花王プロフェッショナル・サービス(東京都墨田区)が、「BtoBプラットフォーム 受発注」の『受発注ライト』機能を導入し、受注業務の効率化を実現した事例を公表した。  花王プロフェッショナル・サービスは、洗剤・サニタリー製品のトップメーカー花王グループとして成長し、厨房衛生用品や洗剤、アメニティ用品といった花王の業務用品の製造、販売を専門としており、食品工場やホテル、病院といった高度な衛生管理が求められる現場へ、ソリューションサービスを提供している。  そのような状況の中で、事業領域の拡大と共に、取引案件が増える一方、FAXの受注処理に課題を抱えていた。ところが、2017年に中小企業庁の委託を受けて、業務品の卸・小売業界における共通EDI連携の実証実験を行い、受発注に伴う手間やコストを削減するため、同社の「BtoBプラットフォーム 受発注」、『受発注ライト』機能を導入した。 ■1日あたり約1,400枚に及ぶ発注書を手作業で社内システムに入力  「BtoBプラットフォーム 受発注」は、2007年から導入していたが、使いこなすまでには至らず、受注全体の約4割を取引先のEOS(電子発注システム)で受け、残りの約6割はFAXで受けている状態であった。そのため、FAX受注では、1日あたり約1,400枚に及ぶ発注書を手作業で社内システムに入力していた。  ところが、FAXで送られてくる発注書が読み取れない時や、商品リニューアルでコードが変わっても、以前の発注書を使われてしまい、入力時にコードエラーが起きていた。また、商品改廃のたびに営業担当者が刷新した発注書を持参する手間もかかり、本来の営業活動ができないという課題が発生していた。 ■新たに『受発注ライト』機能を導入したことで、データ受注が実現  そこで、共通EDI連携プロジェクトで本サービスを見直し、新たに『受発注ライト』機能を導入したことで、データ受注が実現。取引先の画面上で入力した注文データを花王プロフェッショナル・サービスのシステムに自動で取り込むことで、データの手入力が不要になり、作業時間も大幅に短縮、入力ミスの心配もなくなった。さらに、商品マスタの登録を一括管理できるため、商品コードは常に最新の状態で、エラーもなく、効率化につながった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR) 【関連記事・情報】 ・クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08) ・TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08) ・ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06) ・テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06) ...

The SEC,institutional investors BTC futures Fund approved【record・bitcoin news】

0
*05:07JST the SEC,institutional investors BTC futures Fund approved【record・bitcoin news】 New York City・Digital・Media・Group LLC is a 12 on...

The BIS also says,the Central Bank issues digital cash in the initiative should【record・bitcoin news】

0
*05:16JST BIS also says,Central Bank digital cash can take the initiative to the record・bitcoin news】The Bank for International...

Latest News