Market

JBCCホールディングスが高値更新、e-ラーニングの新サービスなど注目される

■上期の営業利益50%増加し業績動向への評価も再燃

 JBCCホールディングス<9889>(東1)は1月17日、3日続伸基調となり、取引開始後に2075円(84円高)まで上げて2001年以来の高値水準に進んだ。

 持ち株傘下の主要事業会社アイ・ラーニングがIBM製品研修のe-ラーニングに、7コースを新たに追加し、1月中旬よりサービスを開始すると1月16日に発表。業績の拡大傾向と合わせて注目が再燃したとの見方が出ている。

 第2四半期までの連結営業利益(19年4~9月累計)は20.37億円(前年同期比50.3%増)となり、通期予想の29.0億円(前期比10.2%増)に対する進展が注目されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ヤマシタヘルスケアホールディングスは反発の動き、20年5月期営業減益予想だが保守的(2019/09/04)
日本エム・ディ・エムは上値試す、20年3月期2Q累計を上方修正して通期も上振れの可能性(2019/09/04)
パイプドHDは上値試す、20年2月期大幅増益・増配予想(2019/09/04)
ピックルスコーポレーションは上値試す、20年2月期2桁増益予想で上振れ余地(2019/09/04)
エスプールは上値試す、19年11月期大幅増収増益予想、さらに上振れの可能性(2019/09/04)


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button