Market

NTTドコモが続伸高値、タッチレス決済システムなど材料豊富

■4月から安定的なジリ高相場を続け買い安心感

 NTTドコモ<9437>(東1)は12月18日、続伸基調となり、取引開始後に3082.0円(22.0円高)まで上げて年初来の高値を更新した。「5G」関連株として4月以降は安定的なジリ高相場を継続中。直近は、NTTドコモ・ベンチャーズが米国の無人店舗自動決済システム開発企業に出資したことなどに注目する様子もある。

 また、ソニー<6758>(東1)は12月5日付で、NTTドコモとソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズが「おサイフケータイ」のタッチレス対応に関する実証実験を開始したと発表。次世代の決済システムの開発に取り組む姿勢に注目する動きもある。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button