Headline

Only the sea knows … See the school that used to be a special attack base

The enemy ship with the plane carrying the bombSpecial attack of abandoned body. In Mitoyo City, Kagawa Prefecture,The runway where the people took off is stillIt is left. In the site of the baseThere is a school, but history is reallyIt is not handed down. ⇒ https: //yahoo.jp/1kGYgW7
[Image courtesy of NTV NEWS24]


Source

Do you like this article??

Show More

34 Comments

  1. 戦勝連合国にとって不都合な事実はことごとく消し去られ、戦争犯罪国日本と改竄・捏造された歴史や文化・価値観を刷り込まれました。

  2. 遺されている遺書
     鹿児島県知覧の特攻隊記念館でも見ました。
     二十歳前後の若者にしては 達筆です😅
     本当に自筆なのか
     考えさせられました😅😣

  3. 世界的に集団で気が狂った時代。その頃の戦争犯罪人は安◯神社とやらに奉られ地獄に落ちている。人殺しの新興宗教もどきだ。

  4. 神風、特攻。
    美化する気はさらさらない。
    ただ、国を持たず思わず思想宗教の爆弾テロと一緒に語られるのは勘弁してほしい

  5. 語り継がれないのは、「飛び立たされた」という言い回しを日本人が嫌うのと、「飛び立たせた」連中を断罪したくないことによる。この軍部による非道の振る舞いは、美談であってはならない(だけど、これを美談にするのが日本人は大好きなのだ)。ところが実質この行為は、イスラム国が人質に爆弾を巻いて突っ込ませるのと同じ。こう書くとまた叱られるけど、叱る連中もまた、これらを区別する論法を持っていない。

  6. 経緯、理由、大義

    なにを語ろうが 戦争

    コロシアイ

    アメリカも日本もドイツどこの国にも参加してた国は全部戦犯でいいぞ

    殺しに死ぬことに大義なんてねーよ

  7. 特攻、神風、愛機もろとも敵艦に体当たり…
    そんな作戦で勝てるわけねぇだろう 爆笑
    黙々と狂気の命令に従って死んでいったパイロットが哀れだ。

  8. 忘れられる時が来ても…彼らが逝ったのは悲惨さを残す為?無謀さを告発する為? それは違う、彼らはそんな事望んでなんか居ない!
    ただただ日本の未来の為に逝った!わけ判らない反戦運動に利用されてたまるか‼️其れこそ彼らが望まん‼️「戦争はしない」は同感だが利用はするな!
    英霊を2度泣かせるな

  9. 海外で頻繁にkamikazeとうたう商品や乗り物だったりを目にする度に、戦争を知らない世代ではありますが日本で学んできた以上亡くなられた方に申し訳ない気がしていました、軽い気持ちでは使われるはずじゃないのに…

  10. 何も言えません。先の事なんか誰も知らない様々な状況下で膨大な条件が重なって当時の日本人の必死で選んだベストがこれだったと思います。

    私には未来から過去の人を嗤う、非難もおんなじですがそれ等の改善の努力もしない、北朝鮮に拐われた日本人を隠蔽した政権の言いなりで自分の事しか考えられないで生きてきた人がそれを言うのはとても卑怯。

    自分たちには何の心得も経験もないのに格闘技やスポーツのプロに向かって講評をベラベラほざく酔っ払いと変わりません。

    そこに我々子孫を大切に想ってくれた上での行動であったのなら受け入れた上でより良い日本にする努力をしてから何かをいうべきです。

    代を重ねてくれた事だけで充分感謝していますよ?私は。

  11. 日本の歴史の悲劇
    日本が何故戦争を行ったかの、ある意味において究極の結論

    私達は彼らの犠牲があってこそ、今の日本がある事を忘れてはならないと思う。

    靖国神社の遊就館で見た特攻で亡くなられた方々の写真を見たとき、その入り口で私はその場でしばらく動く事が出来なかった。そして最後までそのエリアを過ぎるまで、涙を抑えることが出来なかった。

    私に言えることはただ1つだけ。

    彼らの犠牲が無駄でなかった

  12. もし私ならどさくさに紛れて自分の足を撃ち抜き真っ先に本国の病院で安静に暮らす。傷病兵になって恩給ももらいつつ、生きるかな。

  13. 戦争を知る世代がどんどん消えて行く令和の時代………平和の尊さを、しっかり教育して行く使命が学校と言う場所にある。

  14. 今の日本観ると私個人的にはこの様なニュースにコメントする事すら虚しく思う。14歳 12歳11歳の子供を育てている。仕事の時間は長い 経済的に結構キツイ。休みの日には奥さんと一緒に昼飯 夕食作って皿も洗う、子供達朝には虐め対抗策として3人ともサンドバックを叩き蹴らせている。出来る限り子供達が幸せな将来迎えられる様に努力しているつもりだ。子供にも奥さんにも当然手などあげた事も無く3人とも明るい性格でのびのび育ってる。社会に貢献出来るような人間育てられたらと思いつつ。別に国の為に亡くなった若者たちに報いる為等とは言わない、がしかし特攻で亡くなった若者たちの事を耳にする度考えずにはいられない、思わずにはいられない”俺は出来る限りの事しているか??と。

  15. 戦争の大義名分が開戦当時と変わってしまったこと
    海軍 陸軍が悲劇合戦するような大本営になったこと
    それを 教科書から消してまで アメリカと仲良く
    することを選んだこと やはりもう一度
    国を挙げて 一つ一つ検証するべきだと思う

  16. パールハーバーで日本人捕虜第1号の酒巻少尉を検証。支那事変の爆弾三勇士。ラバウルの暴れん坊、川戸少尉など2回も敵機に体当たりした強者もいたりで。ほか最前線では資料に残っていないことがあったと推測!遺書を書く間などなかったでしょう。自分の祖父はシベリア出兵で前腕を敵弾に撃ち抜かれていましたがあまり当時のことは家族に話さなかったそうです。イヤなことがあったのでしょう。

  17. 国のため家族のために…
    飛び立った時どんな気持ちだったのでしょうか…同じ年頃の息子がいるので家族の悲しみや本人の悲しみ不安恐怖が想像され可哀想で涙が出ました。何年後何十年後なにがあるか分かりませんが、未来ある若者達が犠牲になる様な戦争などあってはならないと思いました。

  18. 米国との経済格差を無視して精神力や神話に縋り「負ける!」などと言う言動は非国民に繋がるので誰もがそう思っても口には出せず議論さえ出来なかった。「何時か神風が吹く!」「英霊が海を渡って行くのを見た!」等と言う言葉を一心に信じ「御国の為に勝つまでは!」と言い聞かせ学徒動員で優秀な未来ある若者達を無駄死にさせてしまった。敵国を過小評価し分析もせず感情的に走り精神力や根性等と言い出したら戦争は負ける!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button