• iPhone

    I want to AirDrop, but the other party is not displayed !? –Why can't I listen to the iPhone anymore?

    AirDrop doesn't start when the other party's icon is not displayed. It's okay until I decide the item to send…

    Read More »
  • Investment

    What is the only condition to become a earning leader?

    To increase your income even more, you still need to be promoted to a managerial position. Or even if you…

    Read More »
  • Career

    Today's Secretary Bana 188th Defense

    In the manga "Today's Secretary Bana", we will send you the daily life of "Saeruko", a secretary with a loud…

    Read More »
  • Woman Work Style

    Summer 2021 "Essence grade" skin care! "Bobby Brown Intensive Skin Serum Skin Care Collection" is now available!

    "Radianth Lotion" and "Radiance Emulsion" are now available from Bobbi Brown as "Intensive Skin Serum Skin Care Collection"! Same as…

    Read More »
  • Headline

    ニトリHD、21年2月期は増収増益 巣ごもり需要でEC事業が進捗

    ■34期連続で最高業績 ニトリHD(9843)は3月31日、21年2月期通期連結決算を発表した。売上高は前期比11.6%増の7169億円、営業利益は同28.1%増の1376億8700万円、純利益は同29%増の921億1400万円と増収増益で着地。34期連続の増収増益でいずれも過去最高を更新し、堅実な事業成長を見せた格好だ。 【こちらも】出前館、第2四半期は大幅赤字 売上高は2.7倍も 新型コロナウイルス感染症が日本を直撃した2月後半から事業年度がスタートしたニトリHDだが、売上・利益共に伸ばしており、コロナ禍で苦しむ企業が多い中良好な決算を叩き出している。同日に併せて期末配当金を事前予想よりも8円増配となる66円にすることを発表しており、好業績を背景とした株主還元を行うこととなった。 ■珪藻土マット問題は一段落、島忠との経営統合に向けた動き 3Qに発生した珪藻土問題は、的確な顧客対応を行ったことが功を奏し業績への悪影響は免れた模様。売上構成比では、店舗売上が前年比で8.6%増であった一方、通販売上が同59.2%増と急進。コロナ禍で巣ごもり需要に答えるべくEC事業への取り組みが結果を出した。自社スマートフォンアプリ会員は1年前より約70%増の908万人となっており、普段店舗を利用する方のネット誘導が上手くいっている模様。 その他、大手ホームセンターの島忠へのTOBが成立し、経営統合に向けた話し合いが進められている。住まいに関するサービスを包括的に提供できる場をそれぞれで設けることを目指し、複合店舗の開店やPB商品開発といった取り組みを行っていく方針だ。 ■22年2月期も増収増益見込む 22年2月期の連結業績予想は、売上高が前期比21.9%増の8736億円、営業利益は同4.5%増の1439億円、純利益が同7%増の986億円を見込む。既存店売上高は97.2%と保守的に見積もっていることから、35期連続の増収増益に期待が持てる。出店計画としては国内外合わせて110店舗の新規出店を予定しており、中国・台湾・アメリカへの出店数増を見込んでいる。 EC事業の拡大で、最高業績を計上したニトリHDとしては、買収した島忠との連携を含めた更なる事業拡大を進める土壌としても良好な状況だ。DXや物流コスト削減といった時代のトレンドを睨みつつ、業界最大手であるものの貪欲に成長を続けていく姿勢が現れている決算発表であったと言えよう。(記事:拓蔵・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • Economy

    車載用Liイオン電池市場好調 自動車市場の世界的低迷もxEVが伸び、連動し拡大

    世界的な温室効果ガスCO2削減の取り組みの中でxEV(電気自動車)が次世代の車両として期待され普及し始めている。コロナ禍の現在、自動車市場は世界的に低迷しているが、その中でHEVなどのxEVがシェアを拡大し、一部地域では販売台数自体が伸びているようだ。これに連動し車載用LiB(リチウムイオン電池)の市場も急速に拡大している。 3月16日、矢野経済研究所が車載用LiBの世界市場を調査し、その推移・将来予測を行ったレポートを公表している。これによれば、2020年における世界市場規模は容量ベースで前年比125.9%の167.5GWh(ギガワット時)となり、xEV(EV、PHEV、HEV)の市場拡大と連動し大幅なプラス成長となった。タイプ別では、HEVが前年比120.3%の2.36GWh、PHEVが同183.6%の17.0GWh、EVが同121.6%の148.1GWhと推計されており、PHVでの伸びが目立っている。 コロナ禍で20年の自動車世界市場は前年比マイナスとなったものの、欧州、中国を中心にxEVが前年を上回る推移となっており、欧州、北米、中国ではHEVの販売台数が伸び、欧州ではPHEVが牽引役となっている。LiB好調はこれに連動した動きだ。 現在、各国で電動化政策が加速しており、欧州では世界で最も厳しい目標が掲げられ、自動車メーカーはHEVやPHEV等のみでは不十分で温室効果ガスを排出しないEVの販売割合を大きく引き上げる必要がある。中国では昨年、「省エネルギー・新エネルギー車技術ロードマップ2.0」が発表され、35年までに新車販売の全てを環境対応車とする方針が打ち出された。EVが軸となるがHEVにも注力度が上がっている状況のようだ。北米では、バイデン政権が規制強化へシフトすると見込まれるとともに、州による独自規制もあり、メーカーに一定量のEVやPHEV、FCVの販売を義務づけるZEV規制が市場の牽引役になると見込まれる。日本では昨年「2050年カーボンニュートラル宣言」が出され30年代半ばまでに内燃機関の新車販売ゼロを目指す方向だ。 以上のような動向分析から成長率高めの「政策ベース予測」では、25年に835GWh、30年には1809GWhになると予測されている。また、「市場ベース予測」では、25年に422GWh、30年には764GWhになると予測されている。xEV市場は引き続き補助金政策が成長エンジンになっており、今後も各国の政策の動向が注目される。(編集担当:久保田雄城) ■関連記事・トヨタ、いすゞ、日野の3社 商用車事業で協業 CASE対応に加速・自動車関連企業で技術開発協力が盛ん。他国企業や異業種とも積極的な連携・自動車市場、半数がHV購入検討。EV検討は4%のみ。コロナ禍で「購入時期延期」が3割 Source link

    Read More »
  • Investment

    Not only 1.03 million yen and 1.5 million yen! Dependent wall for 1.3 million yen

    When housewives work part-time, the "annual income of 1.03 million yen" was a big turning point. In addition, the "annual…

    Read More »
  • Career

    What does Gale and Thunder mean? Explaining how to use and example sentences

    Gale and Thunder is a four-character idiom made from a natural phenomenon. In this article, I will explain in detail…

    Read More »
  • Investment

    "Four common points" that rich people have

    I hope many people will be rich. But just having a desire doesn't change anything. Here is a summary of…

    Read More »
  • Career

    What is the 1st place in the profession ranking that Gen Z girls want to be in the future? -2nd place Nursery teacher / kindergarten teacher

    SNS Trends and Gen Z Insight Research Institute "memedays" recently announced the results of "Gen Z's Future Awareness Survey." The…

    Read More »
Back to top button