• CASIO

    A photo of G-SHOCK's new work-a glossy burgundy. Tough adult sex appeal "GMW-B5000RD"

    It's been almost three years since the shock first appeared. Full metal origin that has become a standard line of…

    Read More »
  • Digital Camera

    Sigma announces the outline of CP + exhibition. "Place for chatting with people inside" is reproduced in Zoom

    Sigma announces the outline of the camera exhibition "CP + 2021". It will be interesting to reproduce online the "place…

    Read More »
  • Career

    What is the 1st place in the ranking of "rewarding companies" by employees? –2nd sales force

    On January 20, OpenWork announced the "Rewarding Companies Ranking 2021". The ranking is based on 89,641 points of eight evaluation…

    Read More »
  • Woman Work Style

    Nivea's first makeup remover "Cleansing Oil Beauty Skin" is now available

    On April 10th, Nivea Kao will release "Nivea Cleansing Oil Beauty Skin", a makeup remover from the skin care brand…

    Read More »
  • IT Lifehack

    IT life hack

    On the direct sales site "Sanwa Direct" operated by Sanwa Supply Co., Ltd., 4K / 60Hz / HDR / HDCP2.2…

    Read More »
  • Headline

    相場展望1月21日号 短期筋の買い仕掛け明らか! 日経平均1/19の大幅上昇は僅か10銘柄で70%を占める異常

    ■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移  1)1/18、「キング牧師の生誕日」の祝日で休場。 【前回は】相場展望1月18日号 『日経平均』の暴走は、外資系短期筋が買い煽った株価操作の贈り物か?  2)1/19、NYダウ+116ドル高、30,930ドル   ・バイデン新政権による大型追加経済対策への期待が、景気敏感株やハイテク株を押し上げた。  3)1/20、NYダウ+257ドル高、31,188ドル   ・バイデン氏が新大統領に就任し大型経済対策成立とコロナワクチン普及進展の観測が買いを誘った。   ・ハイテク株の決算期待が高まり、相場上昇を牽引し、最高値更新した。(日経新聞) ●2.イエレン次期財務長官が1/19の指名承認公聴会で「追加の新型コロナ救済策で大きな行動を取る必要がある」との見解を示すと報じられた(モーニングスター)  1)イエレン氏、「世界は変わった」と、「超低金利下で債務残高が増えても金利負担は増加しないので大型経済対策案を」と上院財政委員会の指名承認公聴会で早期成立を訴えた。さらに、法人増税は急がないことを示した。  2)バイデン次期大統領はコロナ経済対策として1兆9,000億ドル(約197兆円)規模を発表していた。  3)共和党からは、「金利は現在低位にあるが変化する可能性がある。債務残高の規模は国内総生産から見ると『ぞっとする』」と付け加えられた。「借入コストはまるでゼロであるかの主張だが、正常化すれば金利は上昇する」と釘を刺した。(ブルームバーグより抜粋) ●3.バイデン次期大統領は、金融界に批判的なゲンスラー氏をSEC委員長起用見通し(ロイター)  1)ゲンスラー氏が証券取引委員会(SEC)委員長に指名する見通しで、金融界に厳しい規制を導入する可能性が高くなる。 ●4.米自動車メーカー(GM、フォード等)は半導体不足解消で政府に支援要請(ブルームバーグより抜粋)  1)車載用半導体の不足で世界各地の自動車工場の操業停止を余儀なくされており、自動車生産の縮小が、米経済に悪影響を与えるとした。  2)米政府が、アジアの半導体メーカーに車載向けの生産増強を促すように求めた。 ●5.企業業績  1)ゴールドマンS 10~12月期利益が倍増、トレーディング業務などが好調(ロイター)…

    Read More »
  • Economy

    スマート農業、急成長 農業用ドローンが普及拡大、5G等ロボット農機の普及に期待

     日本の農業生産性は低いと長らく指摘されてきた。日本の食糧自給率は2019年の時点で38%と決して高くない状態だ。日本の農業生産性が低い原因の一つには地政学的な要因があるが、そうした制約の中で有機農業等、安心安全の高品質商品の開発も進んでおり、日本の農業の国際競争力は決して著しく低いというわけでもない。単純な労働生産性向上に関してはドローン技術やAIロボットを駆使した農業などその克服に向けた動きが精力的に行われている。  1月18日、矢野経済研究所がスマート農業に関する調査レポートを発表している。スマート農業とはドローン技術やAIロボット、クラウドネットワークシステムなどを複合駆使して農業の生産性と質の向上を図ろうとする農業分野での取り組みだ。  レポートによれば、19年度のスマート農業の国内市場は180億700万円、20年度には203億2800万円が見込まれており、順調に成長していると言える。17年から2019年度は農業クラウド・複合環境制御装置・畜産向け生産支援ソリューションなどの栽培支援ソリューションが牽引し、19年度以降は、ドローンを利用した農薬散布ソリューション、ロボット農機の普及が拡大している。  特に現在注目すべき動きは、農業用ドローンを利用した農薬散布の普及拡大だ。ドローンによる農薬散布は、農業用ドローンに適応した農薬数の拡大などが追い風になり、19年度以降、大規模水稲農家を中心に普及拡大しており、今後野菜や果樹農家にも普及拡大すると見られる。更に肥料散布や播種などへの普及も期待されている。  現在、企業による実証試験の段間で本格的な普及は22年以降になる見通しだ。既に農業データ連携基盤の運用が19年から始まっており、21年度には農業オープンAPIの整備が始まることから、より一層のデータ共有化・連携が進むと見られる。さらに通信技術(5G、ローカル5G)の進展により、ロボット農機の普及拡大はますます加速すると期待される。これまで日本の農業は守りの農業だったがドローン、AIロボット化等のスマート化により攻めの農業産業への転換が始まっていると言える。(編集担当:久保田雄城) ■関連記事・人材サービス、コロナの影響で成長鈍化。建設、保育、農業分野で今後成長が期待・バイオ技術など日ロ共同研究事業公募受付始まる・安倍政権の取組み継承を閣議決定も「重い宿題」 Source link

    Read More »
  • IT Lifehack

    IT life hack

    CIO Co., Ltd. sells a USB port equipped with Quick Charge 3.0 for quick charging and a hybrid power strip…

    Read More »
  • Video News

    Ojiya: Deep Roots in Snow Country – Journeys in Japan – video

    [Skip Intro] 1:46 Watch more full episodes of Journeys in Japan on NHK WORLD-JAPAN! source

    Read More »
  • Digital Camera

    Tamron Exhibits at "CP + 2021" Introducing Interchangeable Lens Series for E-Mount

    Tamron announced that it will exhibit at the camera exhibition "CP + 2021" scheduled to be held online from February…

    Read More »
Back to top button