• Investment

    Why Successful People Seem to be Successful

    Some people seem to be successful, some seem to be active, some seem to be glittering. I can't see my…

    Read More »
  • Headline

    なぜ投資は失敗するのか バリュー投資・グロース投資の今と、重要な2つの要素 後編

     そもそも、バリュー投資は暴落時の対策以外、原則損切りをしないという条件の下で行われる投資であり、極端にいえば、株式を購入したら日々の値動きは一切見ずに、決算まで保有し続けるぐらいの覚悟が必要だ。 【前回は】なぜ投資は失敗するのか バリュー投資・グロース投資の今と、重要な2つの要素 前編  日々の値動きだけを追って一喜一憂するのは投資の考え方ではなく、むしろ投機の考え方である。投機は会社の将来性や株価が割安かどうかは問題にせず、値動きが大きい金融商品を対象として、短期間の値動きで利益を得る方法だ。  たとえ短期間の値動きであっても、そこに比較的大きな資金をかけることで一定の利益を発生させることができるが、利益をコツコツと積み上げていく必要があるため、想定外の急な値動きで思わぬ損失を被らないよう、素早い損切りが鉄則ともいえる。  さて、ここで振り返っていただきたいのは、自分自身が行っているのが投資か投機なのかについて、その認識だけではなく「時間軸の明確化」ができているかどうかである。企業業績やPBR、PERなどを調査して銘柄を決めたとしても、日々の株価を気にするあまり、想定よりもはるかに短期間で株式を売却してしまってはいないだろうか。  また、テクニカル分析をメインに、デイトレードのような投機寄りの短期間で取引を行っていたのにも関わらず、損失確定ができなかったことを長期的な保有目的にすり替え、自身を正当化してはいないだろうか。これは、塩漬け株となる最たる原因でもある。  さらに、これらの「時間軸の明確化」と合わせて、株価も気にならないし損切りも躊躇しないというような「投資的金銭感覚」が身についているかについても、確認すべきだろう。「投資的金銭感覚」とは、財布の中の10,000円と証券口座の中の10,000円の価値を明確に分けることである。  投資や投機を行う場合には、余剰資金で行うべきであるといわれているのは、この「投資的金銭感覚」を身につけることが難しいからだ。つまり、生活費との棲み分けが正しくできていないと、日々の値動きがどうしても気になってしまい、「今売却をすれば昼食代が浮く」「もっと早く損切りしておけば旅行に行けた」など、根拠が薄い発想での売買になりがちだ。  子供の学費や将来のリフォーム費用として、つみたてNISAなどの非課税枠を活用して貯金の代わりとするのはよいが、「時間軸の認識」と「投資的金銭感覚」が備わっていなければ、気まぐれな運用となってしまい、想定通りのリターンを得ることは難しいといえるだろう。  誰もが上昇局面であると判断できたアベノミクスが終わり、日本銀行に新たな金融緩和政策が期待できない以上、NISAなどの各種控除制度を理由とした投資や投機のスタートは敬遠すべきではなかろうか。  2つの要素に自信がない人は、無理に投資や投機に手は出さず、預金金利よりはいくぶん金利が高い、国債や社債、公社債投資信託などのローリターン、ローリスクの商品を検討するほうが安全なのだ。(記事:小林弘卓・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • Digital Camera

    4 types of pancake type fisheye lens "Pergear 10mm F8" for α

    A pancake-type fisheye lens "Pergear 10mm F8" is now available. Four models are available: Fujifilm X mount, Sony E mount,…

    Read More »
  • Headline

    延命草のエキスが発毛を促進 男女共に効果がある育毛法として期待 近大ら

     ロングセラーの育毛剤に配合されている延命草のエキスが、発毛をコントロールする毛乳頭細胞を活性化することがわかった。毛乳頭細胞の増殖促進、増殖司令の活性化、髪の成長促進という3つの効果を持つという。この研究結果をもとにした、男女問わずさまざまな原因で起こる薄毛に効果を持つ育毛剤の開発が期待される。 【こちらも】本わさびに育毛効果があるという研究結果、金印が発表  この研究を行ったのは、近畿大学の森川敏生教授と、加美乃素本舗の研究グループだ。研究結果は、6日発行のJournal of Natural Medicinesに掲載された。  加美乃素から55年に渡るロングセラー商品として販売されている育毛剤に有効成分として含まれているのが、延命草というシソ科植物のエキスである。  延命草は古くから生薬として用いられてきた。ヒキオコシという別名を持つこの植物は、弘法太子が腹痛で苦しむ人に、道端に生えていたこの草を与えて回復させたという故事から名付けられたと言われている。開花時期の地上部を煎じて飲むと、腹痛や消化不良に効果があることが知られている。  研究チームは今回、20種類の生薬のエキスを毛乳頭細胞に加えて培養し、その増殖率を測定したところ、延命草のエキスが細胞増殖を促進することが判明した。そこで延命草のエキスから、毛乳頭細胞の増殖を促進する成分を単離、精製。その結果、エンメイン、イソドカルピン、ノドシン、オリドニンという4つの化合物を得た。  これらの化合物のうち、延命草の主要成分であるエンメインについて、毛乳頭細胞の増殖を促進するメカニズムを調べた。すると細胞の増殖をコントロールするスイッチの1つである、Akt/GSK-3β/β-cateninシグナル伝達経路を活性化していることが判明。つまりエンメインには、発毛をコントロールする毛乳頭細胞を増やす働きがあることがわかった。  さらにエンメインの働きについて調べたところ、毛乳頭細胞から分泌される成長因子の1つである、VEGF4の分泌を促すことがわかった。毛乳頭細胞は、髪の成長を促す合図と、脱毛を促す合図を出すバランスにより、毛の生え変わりサイクルを制御している。成長因子はそのうち、毛髪の成長する期間を長くするものであり、育毛に効果を表すと考えられる。  脱毛症は男女関わらず、我々の生活の質に大きな影響を与える。今回の研究では、育毛に関与する化合物を同定し、そのメカニズムを明らかにした。これらの結果をもとに、今後、性別に関わらず効果が見られる育毛剤の開発につながることが期待できるだろう。(記事:室園美映子・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • iPhone

    Beats announces Powerbeats Pro collaboration model with fragment design

    Beats by Dr. Dre announced "Powerbeats Pro Special Edition" in collaboration with "fragment design" by Hiroshi Fujiwara. The price is…

    Read More »
  • Career

    "Working style in a new era" unraveled by management experts and professionals 77th HR area is the three reasons why DX should be promoted now

    In this series, professional legal, tax, and entrepreneurial consultants and other professionals will relay information on "working styles in the…

    Read More »
  • IT Lifehack

    IT life hack

    The direct sales site "Sanwa Direct" operated by Sanwa Supply Co., Ltd. has released the "100-ERD025 series" electric elevating desk…

    Read More »
  • Headline

    定説よりも高い高度で加速するオーロラ粒子を発見 名大など

     極域の上空で観測される発光現象「オーロラ」。太陽風によってもたらされた粒子が、地球の磁気圏で加速されることにより地上へと降り注ぐが、オーロラ粒子が加速する仕組みについては、謎が多いという。宇宙航空研究開発機構(JAXA)は21日、定説である高度数千キロメートルを上回る、高度約3万キロメートル以上でオーロラ粒子が加速していることを発見したと発表した。 【こちらも】最古のオーロラ現象の記録、楔形文字の粘土板から確認される 筑波大など ■50年に及ぶ観測で明かされたオーロラの描像  人工衛星などが過去50年間に実施した観測によって、オーロラ粒子が加速する領域は、温度の異なる高い高度と低い高度のプラズマとが混ざりあう、高度数千キロメートルを中心とすることが判明している。日本の「あけぼの」衛星や「れいめい」衛星、米航空宇宙局(NASA)の「S3-3」衛星や「FAST」衛星などが、高度数千キロメートル以下の低い高度で、オーロラ粒子が加速する描像を明らかにしてきたという。  従来の説では、オーロラ粒子が加速する領域は高度数千キロメートルに存在することを前提としてきた。一方、オーロラ粒子が高度2万キロメートル以上の高高度側で加速する比率は全体で低く、軽視されてきたという。 ■これまで顧みられなかった高度での観測  名古屋大学、JAXAなどの研究者らから構成されるグループは、高度約3万キロメートル付近を飛翔するジオスペース探査衛星「あらせ」を活用し、オーロラ粒子の加速する様子を観測した。「あらせ」には宇宙プラズマの観測機器が搭載されており、オーロラが発生しやすい領域で、オーロラ粒子が加速する場所における特徴的な電磁場や粒子の様子を高精度で検知できるという。  研究グループは「あらせ」と地上からの観測とを合わせることで、オーロラ粒子が加速する低高度での特徴が、高高度でも確認された。今回の発見は、低高度でオーロラ粒子が加速するという従来の考え方の大きな見直しを迫ると、研究グループは捉えている。  研究の詳細は、国際学術誌Scientific Reportsに18日付でオンライン掲載されている。(記事:角野未智・記事一覧を見る) Source link

    Read More »
  • iPhone

    "Handwritten characters" that can be done by holding the iPhone horizontally

    The iPhone messaging app has a function that is enabled when you hold it horizontally. It is a "handwritten character"…

    Read More »
  • Investment

    What is the point of making 10 million yen by the age of 40?

    In this country, the average age to start life planning in old age is in the 50s. But that's the…

    Read More »
Back to top button