GOSSIP・Entertainment

SKE48が来年1月発売シングル「ソーユートコあるよね?」をサプライズ初披露【写真10点】

SKE48が20日(金)、名古屋のSKE48劇場にて来年1月15日に発売する26thシングルの表題曲「ソーユートコあるよね?」を初披露した。

この日、劇場で開催されていた「青春ガールズ」公演終演後に、ステージ袖から黄色のチェックの衣装に身を包んだ新曲選抜メンバーが続々と登場。江籠裕奈が「新曲『ソーユートコあるよね?』を初披露したいと思います!」と語ると、会場からは大歓声が沸き起こった。

初披露の前に、今回初選抜に選ばれた2人、北川愛乃と高畑結希(※「高」は「はしごだか」が正式表記/以下同)が紹介される。

北川は「小学生の頃からずっとSKE48が大好きで、憧れていました。小さい頃に私が憧れていたみたいに、誰かの夢や希望になれたり、背中を押せるような曲にしていきたいなと思っています」と意気込みを語った。高畑は「24歳で初選抜というのはSKE48で初選抜最年長記録。須田亜香里さんは28歳で初センターということで、私も須田さんを超える30歳で初センターになれるように最年長記録を目指したい」と宣言した。
新選抜

また、今回のシングルでセンターを務める須田は「須田がSKE48のセンターになるなんて、一生懸命前を向いて頑張っていれば、SKE48は誰にでもチャンスがもらえる最高のグループなんじゃないかって私は思っています」と満面の笑みで喜びを伝えた。

そして、劇場ではずっと後ろの位置だったと当時の位置を示し、「ここまで連れてきてくれたファンの皆さん、すごいなって本当に感動しています」と感謝の気持ちを述べ、「今回の選抜メンバーで今しか見せられないSKE48の可能性を見せていければ」とパフォーマンスを披露した。

振り付けはDA PUMPのTOMO、U-YEAH、KENZO、DAICHIが担当。愛知県特有の伝承遊び、ゴム跳びの動きをイメージした“ケンロップダンス”を踊る選抜メンバー全員18名の笑顔がステージ上で弾ける。

パフォーマンス後、須田からの「真似しやすい振りがたくさんあるので、お正月期間、親戚の子供たちにSKE48の布教活動をお願いしてもいいですか?」とのお願いに客席からは惜しみない大歓声と拍手が送られていた。

▽須田亜香里(センター)パフォーマンス後コメント
新曲「ソーユートコあるよね?」のパフォーマンスをファンの方の前で初披露するのが、このホームである劇場でやったことはすごく意味のあるものだなと思いました。DA PUMPさんに振付をしていただいたということで、DA PUMPさんみたいに「ソーユートコあるよね?」のケンロップダンス旋風を巻き起こせるように、お正月期間もありますし、家族でそして親戚中で楽しんでリピートしていただける曲になればいいなと思っています。

▽高畑結希(初選抜)パフォーマンス後コメント
披露前のコメントの時に「次は須田さんを超える30歳で初センターになりたい」というのを、ポンコツな部分が出てしまって言い間違えてしまって。とにかくすごく緊張しました。でもステージからファンの方の顔がたくさん見えて、皆さんすごい笑顔だったので嬉しかったです。早くいろいろなところでパフォーマンスしたいなって思います。少しでもSKE48としても個人としても、興味を持っていただければ。SKE48の魅力を伝えていけるように初選抜として頑張ります。

▽北川愛乃(初選抜)パフォーマンス後コメント
初披露をファンの皆さんに直接観てもらえたことが、すごく嬉しい気持ちでいっぱいです。選抜メンバーとして踊れているのが夢みたいだったのですごく緊張していたんですが、必死に練習した成果が出せました。披露後にファンの皆さんの中に泣いてくださっていた方もいらっしゃったので、それを見ると幸せすぎて、これまで応援していただけてよかったなと思います。でも、先輩と比べるとまだまだできていないところが多いと感じます。近い目標は選抜定着なので、その目標に向かって頑張っていきたいです。皆さん本当にありがとうございます。
SKE48


Source link

Do you like this article??

Show More

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button